• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ミズノ、平成29年3月期第2四半期は増収減益、ゴルフは欧州以外苦戦

    編集部
    SNSでシェアする
    ミズノは11月11日、平成29年3月期第2四半期決算短信(平成28年4月1日~平成28年9月30日)を発表した。売上高931億4300万円(前年同期比3・9%減)、営業利益4億9800万円(同65・1%減)、経常損益4億2000万円、純利益7億4900万円(同51・5%減)の減収減益となった。 全社では、北米ランニングシューズ市況が極めて厳しく、同社ブランドが強かったブラジルの景気低迷、ポンド下落による英国支店での為替差損などにより、海外事業は厳しい結果になっている。 一方、国内事業は施設サービス事業が堅調に推移。さらに競技スポーツ事業、ランニング事業や機能性ウエアを含むライフスタイル事業堅調だったが、全世界的に市場が縮小しているゴルフ事業は苦戦となっている。 ゴルフ事業では、国内市場は先述の通りだが、「欧州はカスタムクラブが好調で現地通貨ベースで前年並みの売上を確保」としている。しかし、それ以外の地域では、「競合他社との厳しい競争状態となり収益は前年を下回り」(米国)、「ゴルフ品販売は苦戦」(アジア・オセアニア)と、欧州以外でのゴルフ事業は苦戦を強いられている。
    タグ
    ミズノ
    決算発表