1. ゴルフ業界通信
  2. お悔やみ

石井哲雄プロ、逝去

お悔やみ 編集部

石井氏は川奈出身だがプロとしては兵庫県の廣野ゴルフ倶楽部でスタートし、以降、一貫して関西の名門で育った。
プロ2年目の1951年に決勝で中村寅吉を3-1で下して日本プロに優勝。その後、1956年には関西プロと関西オープン、1961年には関西オープンを制している。そのスイングは流れるようなワンピースを形成。当時、個性的なスイングが多い中、最も基本に忠実なスイングだと言われた。
また、後進の育成にも力を注ぎ、田中秀道、谷口徹の師匠としても知られている。
さらに、1974年から15年にわたりPGAの理事として、1983年から6年にわたり副会長として従事し、プロゴルフ界の発展にも寄与した。その功績が認められ、2000年にはスポーツ功労者として文部科学大臣顕彰を受賞している。

<主な経歴>
●PGA入会  1949(昭和24)年10月20日
●役員歴  
日本プロゴルフ協会 副会長 1983年~1988年
          理事 1974年~1988年

<主な戦歴>
通算31勝
日本プロゴルフ選手権大会(1951)
関西プロゴルフ選手権大会(1956)
関西オープンゴルフ選手権競技(1956、1961)
日本プロゴルフシニア選手権大会(1978)
日本プロゴルフグランドシニア選手権大会(1988)
日本プロゴルフゴールドシニア選手権大会(1992、1993、1994、1995、1998)

<表彰>
1985(昭和60)年 日本プロスポーツ功労賞
2000(平成12)年  スポーツ功労者文部科学大臣顕彰


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本ゴルフ場支配人連合会、役員選任のお知らせ

  • 関西ゴルフ練習場連盟、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、7月1日付組織改正および人事異動のお知らせ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 株式会社STM代表取締役社長、金城泰彦氏が逝去

  • 日本ゴルフトーナメント振興協会、蛇草真人氏が逝去

  • 日本芝草研究開発機構 事務局長神田功氏の父、神田信雄氏が逝去

  • 日本プロゴルフ協会、新関善美氏が逝去

  • ゴルフ場設計家の加藤俊輔氏が逝去

  • 日本プロゴルフ協会、宮本省三氏が逝去