1. 林由郎プロ、逝去

林由郎プロ、逝去

お悔やみ
この記事は約 2 分で読めます。 123 Views

林氏は昭和23年に戦後初の開催となった関東プロで初優勝を飾ると、翌24年には、これも戦後初の開催となった日本プロで優勝。その後もトッププロとして活躍し、日本プロ4回、日本オープン、関東プロ、関東オープンがそれぞれ2回と、公式戦通算10勝をあげている。
昭和32年にイギリス・ウェントワースで開催されたカナダカップ(現ワールドカップ)で石井迪夫と組んで4位に入り、海外に日本のゴルフを知らしめた先駆者となった。
後進の育成にも力を注ぎ、青木功、尾崎将司、福嶋晃子をはじめとするトッププロを育てあげ、弟子からは賞金王、賞金女王を6名輩出しており、名伯楽としても知られている。PGA前会長の松井功氏も教え子の一人。長男の由一氏、孫の由寿氏と三代にわたるプロゴルファー一家でもある。

<主な経歴>
●PGA入会  戦前
●役員歴  
日本プロゴルフ協会 副会長 1979年~1984年
          理事 1963年~1974年、1979年~1984年

<表彰>
1983(昭和58)年 日本プロスポーツ功労賞
1994(平成6)年  スポーツ功労者文部科学大臣顕彰
2002(平成14)年 我孫子市民文化スポーツ栄誉賞

PGA松井功前会長は、次のように哀悼の意を表している。
「プロを目指して17歳で林先生に弟子入りし、「一球、一球、目で見て覚えろ」という先生の教えを守って、寒風吹きすさぶ荒川の都民ゴルフ場で、青木功さんとともに寝る間も惜しんで修行したことが、私にとっては大きな財産になっています。
自分の一生の進路を決定づけてくれた林先生は、私にとって親と同等の存在であり、いまの私があるのも、PGAという大組織の会長としてゴルフ界に恩返しができたのも、全て林先生のお陰であると本当に感謝しています。心からご冥福をお祈りいたします。」

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 日本プロゴルフ協会、宮本省三氏が逝去

    • ヨネックス参与(元代表取締役副社長)、米山重義氏が逝去

    • PING、創業者カーステン・ソルハイムの妻、ルイーズ・ソルハイムさんが逝去

    • 日本プロゴルフ協会理事、藤池昇龍氏が逝去

    • 日本ゴルフ協会副会長、森下洋一氏が逝去

    • 日本プロゴルフ協会相談役、木本三次氏が逝去