1. ゴルフ業界通信
  • 遼効果も含み経常167%増

    ヨネックスは8月8日、平成21年3月期第1四半期決算短信(平成20年4月1日~平成20年6月30日)を発表した。売上高92億500万円(昨年同期比7・0%増)、営業利益5億3500万円(同258・7%増)、経常利益6億4000万円(同167・1%増)、純利益4億2100万円(676・1%増)となった。

  • 降水量増で売上減

    PGMはこのほど08年6月の月次営業実績を発表した。

  • 決算オノフ3・2%増

    ダイワ精工は、平成20年3月期の決算短信を発表した。連結売上高は633億円3600万円(前期比6・9%増)、連結営業利益は36億9600万円(前期比0・3%増)と増収増益を記録。

  • 販売技術者講習会 受講生募集

    日本ゴルフ用品協会は7月10日(木)まで、ゴルフクラブ販売技術者講習会の受講生を募集している。この講習会は同協会が教育事業の一環として毎年開催するもので、今年で33回目をむかえる。

  • 幹部養成セミナー受講生募集

    ゴルフ場経営実践セミナーを主宰するF.B.Fゴルフビジネススクールでは、ゴルフ場の支配人、マネージャー養成セミナーを今年も実施。現在、受講生を募集している。対象者は、

  • JGTO新会長決定

    日本ゴルフツアー機構(JGTO)は3日、都内のホテルで総会を開き、役員改選にともなう新人事を決定した。島田幸作前会長は名誉会長となって一線を退き、代わって小泉直氏(こいずみ・ただし)が新会長に選出された。

  • 『E500』でゴルフ事業好調

    ミズノはこのほど、平成20年3月期の第3四半期財務・業績(19年4月1日~12月31日)を発表した。これによると連結では売上高1301億1000万円で前年同期比9・5%増だった。営業利益は56億4400万円(22・4%増)、経常利益は55億100万円(13・9%増)、純利益は28億7200万円(22・0%減)となった。来年3月期の通期予測は売上高1700億円、経常利益75億円、当期純利益40億円の見込みだ。概況は次のとおり

  • ミズノ、中間決算は増収減益

    ミズノは11月19日、平成20年3月期の中間決算概況(平成19年4月1日~9月30日)を発表した。子会社15社を含む連結決算では、売上高869億700万円(8・0%増)、営業利益41億1800万円(9・6%増)、経常利益40億円(4・3%増)、純利益20億7400万円(38・0%減)となった。概況は次の通り。

  • ミズノ、第1四半期好調

    ミズノは7月27日、当期第1四半期(07年4月1日~6月30日)の連結業績を発表した。これによると売上高は469億2300万円(前年同期比7・5%増)、営業利益が35億5600万円(同13・3%増)、経常利益が37億9900万円(同16・8%増)、純利益が23億400万円(同44%減)と増収減益となった。

  • ミズノ中間決算好調

    ミズノは先頃、平成19年3月期の中間決算概況(平成18年4月1日~9月30日)を発表した。子会社16、関連会社4社を含む連結決算では売上高804億9900万円(7・1%増)、営業利益37億5900万円(7・9%増)、経常利益38億3600万円(10・0%増)、純利益33億4700万円(47・5%減)となった。概況は次の通り。

  • オノフ41・7%増、海外で人気

    ダイワ精工は平成19年3月期中間決算短信(連結)を発表した。平成18年9月中間期の連結業績(平成18年4月1日~同9月30日)は売上高312億7200万円(前年同月比16・7%増)、経常利益29億6900万円(同13・9%増)、中間純利益16億8700万円(9・6%増)となった。概況によると、

  • 新社長はゴルフ事業担当

    ミズノは先頃行なった株主総会及び取締役会において、水野正人社長が会長へ、水野明人副社長が社長へ昇任するトップ人事を決定した。注目されるのは、水野新社長が「グローバル・ゴルフ事業担当」となったことで、経営トップが具体的な事業範囲を受け持つのは初めてだという。同社は今年、創業100年を迎えたが、ゴルフ市場への本気がうかがえる。

  • ミズノ社長交代へ

    ミズノは先頃開催した取締役会で、水野正人社長が代表取締役会長、水野明人副社長が代表取締役社長へ就任するトップ人事を内定した。6月下旬に行われる株主総会での取締役選任決議を経て、正式に決定する見込み。

  • ミズノ中間決算発表

    ミズノはこのほど平成18年3月期の中間決算(17年4月1日~9月30日)を発表した。これによると連結では751億4200万円で前年同期比3・5%増だった。営業利益は34億8500万円(9・0%増)、経常利益は34億8600万円(7・5%増)で増収増益に転じている。来年3月までの通期予測は売上高1480億円、経常利益60億円、当期純利益80億円の見込みだ。

  • ミズノ第1四半期で増収増益

    ミズノはこのほど、当期第1四半期(05年4月1日~6月30日)の連結業績を発表した。これによると売上高は396億5600万円(前年同期比3・2%増)、営業利益が27億800万円(同13・4%増)、経常利益は27億400万円(同5・9%増)、純利益が17億3600万円(同12・8%増)と、増収増益を達成した。

1 43 44 45