1. ニュース
  2. イベント

出展社850社超の「スポルテック2018」7月開幕

イベント 浅水敦

過去最高850社の出展が決定

TSOインターナショナルでは、スポーツ・健康施設の観点から産業振興の施策に積極的に取り組んでいる。それが、間もなく開幕するトレードショー「スポルテック2018」(7月25~27日、東京ビッグサイト)だ。

同事務局栗原謙マネージャーがこう話す。

「2020年開催の東京オリンピックに向けて増加するスポーツマーケットは、社会保障費の削減や高齢化に向けた健康増進産業の拡大、運動機能障害者や認知症患者に対応した介護ニーズの増加など、スポルテックの関わるマーケットは拡大中。国の進める経済政策の中で、最も注目されている市場の一つであり、スポーツ、フィットネス、健康増進、ダイエット、介護予防、リハビリなど個性あふれる企業の最新技術やアイデア製品などを一堂に展示しています」

6月20日現在、850社の出展が決まっているという。参加するメリットはなんといっても展示企業との直接交流だろう。スポルテックでは、出展社が来場者との商談を効果的に行うためのマッチングサポート施策を用意。

公式HPでは、事前アポイントシステムをはじめ、会期初日に出展企業の幹部やVIP来場者が500人以上集まる「レセプションパーティー」へ無料で参加できるなど、新たなビジネスが生まれる環境が整えられている。

これらの取り組みが評価され、昨年7月の前回は802社が出展し、3日間で5万972人(前年比9・5%増)が来場、過去最高を記録した。今年3月に開催されたジャパンゴルフフェア(入場無料)には及ばないが、スポルテックは一般入場料2000円だから単純に比較できない。

3年連続で出展する高速度カメラ&弾道計測器メーカーのディテクト浮谷卓匡社長が次のように話す。

「ゴルフフェアに比べて出店費用が安く、当社のような中小企業にとっては大変ありがたい。JGF後にもうひと波作れるタイミングなので、絶好の商機と捉えています」

計測器メーカーの同社はゴルフの専門企業ではないため、様々な分野に水平展開を模索中。今回は「卓球」の球を計測する機器を展示予定だという。

熱を帯びるスポーツ・ツーリズム、訪日観光客を囲い込め

同様に東京五輪を控えてスポーツ・ツーリズムも熱を帯び始めた。インバウンド対策のキーワードとして注目されており、スポーツの参加はもちろん、観戦を目的とした旅行や地域資源とスポーツを融合した観光を楽しむツーリズムスタイルがそれ。

スポーツ庁の公式サイトによると、「その地域ならではのスポーツを楽しむ新しい旅行の形」と定義しており、新たな観光資源に育てる構えである。

スポーツをする、大会に参加する、参加者を応援する、プロスポーツを観戦するなど、スポーツにはさまざまな関わり方があるが、こうした体験と観光をかけ合わせた旅行がスポーツ・ツーリズムといえそうだ。

実際、昨年の訪日外国人旅行者は、2869万人(前年比19・3%増、観光庁資料)と2割増で、5年連続過去最高を更新中。来年の「ラグビーワールドカップ」、再来年の「東京オリンピック・パラリンピック」、2021年には「関西ワールドマスターズゲームズ」など日本でのビッグイベントが目白押し。

ゴルフ・ツーリズムの動きも活発化

この機を捉えて「ゴルフ・ツーリズム」の動きも活発化している。ゴルフダイジェスト社では、ビジネス開発部を立ち上げて、一連のインバウンド需要を業界各所に提案中だ。ゴルフ場と量販店を絡めたプレー後の即売会などで、

「訪日外国人による国内消費額は年間3兆円といわれており、ゴルフをキーワードに囲い込みたいですね」(山本和則シニアマネージャー)

また、楽天GORAは韓国大手ゴルフ場予約サイトと提携し、韓国語サイトから日本のゴルフ場を直接予約できるサービスを開始した。GDOがJTBとの提携により、受け入れ態勢の整備と旅行会社専門WEBを構築するなど、訪日外国人需要を巡って様々な提携が加速中。

ゴルフは国内最大のスポーツ産業だけに、商機到来といえるかもしれない。

■スポルテック2018(7月25~27日、東京ビッグサイト)開催概要

https://www.sports-st.com/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 小型ファン付きウエア『AIR COMPO』は涼しい?スイングの邪魔にならない?検証します

  • 創業90年の老舗『ラムキン』の革新的なグリップ、5モデルを永井プロが徹底検証する

  • 業界初!色とデザインが選べるグリップ『CADERO 2×2 PENTAGON DUO』

  • ラズルダズル『CS-03W』ウエッジ ハイバウンス仕様で美しさとやさしさを融合

関連記事

  • ゴルフ関連施設向け設備専門展が7月に開催!

  • スポーツ・健康産業の見本市にJGFOが出展