1. ニュース
  2. ゴルフ場

視覚障害者にゴルフの喜びを

ゴルフ場 編集部

 
視覚障害者の社会参加、スポーツ参加を促進するのが狙いで、「視覚に障害のある方が気軽にゴルフをプレーしてもらえる場所と機会を提供することで、視覚障害者ゴルファーの裾野を広げることを目的としています」(同社)。
 
参加者は31名で、全盲(B1)、弱視(B2、B3)の3部門にわかれる。参加者1名につき一人ずつボランティアの同伴パートナーがつき、ボールを打つ方向や距離などを助言する。ゴルフ場のメンバーが加わってチーム戦も行なわれるなど、健常者との交流が図れるもの。バブル時代には「社用族」が闊歩するなど敷居が高かったゴルフ場だが、近年はジュニアや女性ゴルファーへの参入間口を広げるなど、開放的になっている。PGMの場合は、コース近隣の小学生に対して「社会見学」のために施設を開放するなど、ゴルフと社会の接点を意欲的に求めている。今回の視覚障害者ゴルフ大会も、その一環といえるだろう。
 
なお、同大会には賞品協賛企業としてアクシネットジャパン、ミズノ、ブリヂストンスポーツなど16社が協力を行なっている。ゴルフ産業が手を携えた社会貢献は、ゴルフのイメージアップにもつながりそうだ。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 住友ゴム、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • フォーティーン、安恒聡氏が代表取締役社長を退任

  • マミヤ・オービー、シャフトラボを買収しUST Mamiya Japan株式会社へと統合

関連記事

  • NGKとPGMが「握手」 二大ゴルフ場勢力がコロナで市場改革に意欲

  • 最大手PGMが4月の業績発表 売上4割減も「前向き!」の真意

  • コロナの影響でコンペ1600件キャンセルのPGM

  • 暴走事故と免許返納「シニアゴルファー問題」をPGM田中社長語る

  • ゴルフ場の課題は人材難 業界のメンテナンス力向上を目指す『 PGM CMアカデミー』

  • イ ボミがボディタッチしてくれた! 『PGMゴルフアカデミー銀座』のレッスン会