• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • コースをラウンド後に手ぶらでBBQ!?キーワードは「短時間」と「効率的」

    向井康子
    ゴルフダイジェストオンライン(GDO)でゴルフ用品のバイヤー、編集を経て、現在は新規事業推進のための海外事業の立ち上げに携わる。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。
    SNSでシェアする
    新型コロナウイルスの蔓延で生活スタイルが変わり、スポーツやレジャーの楽しみ方に影響が及んでいる。会社帰りの飲み会、パーティ、大型イベント、海外旅行などに代わって人気なのがアウトドアだ。 「三密回避」「屋外レジャー」の観点からゴルフにも注目が集まっており、GDOでは、2020年4月に発出された緊急事態宣言以降、新規会員登録者数はコロナ前と比べて月間平均で140%の伸びを示し、2021年9月時点での会員数は504万人となった。 2014年6月、パシフィックゴルフマネージメント株式会社は広がりを見せていたグランピングとゴルフが楽しめる「OUTDOOR SPORTS PARK(埼玉県)」をいち早くオープンしている。「KOSHIGAYA GOLF CLUB」を軸に、練習場や本格的なバーベキュー(BBQ)、アメリカンスタイルのレストラン、サイクリングやランニングのエイドステーションなど、多様なコンテンツを備えた施設の現状を岡田充弘支配人に伺った。 「レストランは顕著に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響を受け、売上はコロナ禍前の2019年までの実績に比べて、一時期は約50%に落ち込みました。利用客は4~6名の少人数グループや、ご家族連れでいらっしゃる方が増えました。印象としては、女性だけ、男性だけ、など親しい仲間内での利用が目立ちます。以前は一般のお客様が約70%でしたが、昨年よりゴルファー利用を促進するために、BBQプランを設定したところ、ゴルファーの利用が20%増加しました」。 今回は、女子2組6名でのミニコンペでスループレー後のBBQを体験。短時間で楽しめる「カジュアル2600円」、骨付きチキンや海老のアヒージョが人気の「スタンダード3700円」、ブロック肉などが楽しめる「シャングリラ4900円」の3つのメニューがあり、プレーと組み合わせるとカジュアルコースの値段でスタンダードコースが楽しめるプランをチョイスした。食材、機材準備、火起こしまではスタッフが対応してくれ、あとは焼くだけ。ソファーのあるラグジュアリーテントで優雅な女子会となった。 一方、神奈川県の「茅ヶ崎ゴルフリンクス(茅ヶ崎GL)」のクラブハウス2階に昨年7月にオープンした「TREX OCEAN CAFÉ」では、約半年間で400名ほどの利用があり、約80%は一般客だ。前菜のサラダやポテト、野菜、シーフード、自家製ダレのハラミ肉やジビエなどで4980円(ドリンク3杯付)と、5980円(ドリンク2時間飲み放題付)のプランがあり、準備、片付けは一切不要。本格食材をシェフが調理して提供するスタイル。運営する株式会社ダブリューズカンパニーの今泉和也店長に話を聞いた。 「コロナ禍でアルコールが提供できず、BBQの人気シーズンである8~10月は利用数が減少しましたが、その後は週末を中心に持ち直しました。30名程度の団体も見られますが、基本的には4名程度の小規模利用がメイン。夕方には夕陽を眺めながら、愛犬と一緒にBBQを楽しめる環境も強みのひとつ。春以降はファミリー層の満足度を高めるべく、要望が多いお子様プランやオプションの充実を考案中です」。 GDOでは、ゴルフ場の予約件数が2020年の夏以降増加しており、とくに20~30歳代の若年層の伸びが顕著になっている。短時間で効率的に遊べるスループレーを選ぶ傾向にあるが、ゴルフ場側としてはオペレーションの煩雑さや客単価の低下を理由に休憩を挟む従来のスタイルを提供しているケースが多い。 多様化が進むゴルフの楽しみ方に合わせて、様々なプランが選べるようになれば、コロナ禍で増加したライトユーザー層の定着につながるのではと感じた。

    ■コメント

    ゴルフ場の大自然を一般の人にも解放し、開放感あるアウトドア体験が可能な「OUTDOOR SPORTS PARK」の「KOSHIGAYA GOLF CLUB」。「完全セルフプレー」「ドレスコードフリー」「当日予約OK」など、カジュアルゴルフを存分に楽しめる、「茅ヶ崎GL」。効率的に楽しめるいまどきな2コースの体験談を聞いた。 石塚かれんさん 「KOAHIGAYA GOLF CLUB」はアクセスがよく、ラフなスタイルでスループレーができるので、海外でゴルフをしているみたいな気分で大好きです。天気がよければカートでコースに乗り入れが可能だし、練習環境も最高!8時にスタートして、12時30分くらいにさくっと終わったあと、みんなでわいわいBBQを楽しみました。たくさんおしゃべりをして15時前には解散できたので、すごく効率がよく時間を得した気分です。自宅の近くにこんなコースがあったら、出勤前にラウンドしたいくらいです。 中山綾香さん 午前中は用事を済ませて、茅ヶ崎GLで14時過ぎからスタート。9Hをプレーした後、「茅ヶ崎GL」クラブハウス2階の「TREX OCEAN CAFE」でBBQを楽しみました。地元野菜を使ったサラダ、クリスピーポテトから、シーフード、お肉までメニューの内容が充実。食べ物も良いペースでどんどん出してくれるので、とても満足できました。シェフがその場で焼いてくれるので、みんなとゆっくり話ながら食べることができていいですね。料金も妥当だと思いますが、お酒を飲まない人にはちょっとしたデザートが選べたら最高に嬉しいです! 竹内裕美子さん 「茅ヶ崎GL」は大好きなゴルフ場の一つです。ドレスコードが無いのでカジュアルなウェアと手軽なクラブケースを持って電車で行けます。9ホール+BBQは子供連れのファミリーでも楽しめそう。クラブハウス2階のカフェで、コースの景色を見ながらの食事は最高だし、ごはんも美味しい。一般的なゴルフ場のレストランよりもリーズナブルで、近所の地元住民の人たちに愛されている感じがして雰囲気がいいですね。騒音などには配慮が必要ですが、テラスに音楽を流せたらいいな。夏には野外シアターイベント、キャンプやピクニックができたら最高。もっとゴルフをしたい人には物足りないかもしれませんが、あれもこれもと楽しみたい人のためのゴルフスタイルが日本に根付くといいなと思います。
    この記事は弊誌月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド(GEW)2022年3月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。 月刊ゴルフ・エコノミック・ワールドについてはこちら
    この著者の記事
    地方創生へのチャレンジ 五島カントリークラブ視察ツアーレポート
    2024年01月19日
    この著者の記事
    パリオリンピック2024最新レポート キーワードはパーマカルチャー
    2023年11月18日
    この著者の記事
    意志あれど道は無し 制度変更に揺れる女子ゴルファー
    2023年10月24日
    この著者の記事
    女子の方が面白いなんて言わせない!?エンタメ化する男子ツアー最新レポート
    2023年08月21日
    この著者の記事
    女子プロゴルフの未来~これまでの10年、ここからの10年~
    2023年07月29日
    → もっと見る