1. ニュース
  2. ゴルフ場

全球『プロV1』の練習場オープン

ゴルフ場 編集部

今回のリニューアルは、PGAプロでもある同コースの森田直樹支配人が全面的にプロデュース。練習場とコースでの打感のギャップを減少させるため、多くのトップツアープロが使用する『タイトリスト プロV1』の採用となったという。

また、4月後半から9月中旬までの土日には、330ヤードのドライビングレンジでも実際の芝の上から練習が可能になる。さらに、毎週末には試打会も実施、顧客へのサービスをさらに充実させていく。

実際に試打してみたが、やはり『タイトリスト プロV1』での練習は違う。森田支配人も指摘していたように、弾道の伸びや高さが通常のレンジボールとは当然異なるので、飛ばそう上げようと余計な力が入らない。ラウンド前にリラックスしたスイング練習が可能だ。さらに、アプローチのスピンの入り方なども実戦さながらに見極められるので、スコアアップにも一役買うだろう。

今回『タイトリスト プロV1』を採用したのは、コース利用客へアンケートを実施したところ、同ボールの人気が最も高かったからという。

なお、リニューアル後も、引き続き、当日プレーがあれば練習場施設の利用は無料、練習場のみの利用の場合は2時間2500円となる。詳細は石岡ゴルフ倶楽部(0299-58-5111)まで。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヨネックス。人事異動のお知らせ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • アコーディア・ゴルフ、社長CEO交代に関するお知らせ

  • アコーディア元社長の竹生氏が「国内2000コースは生き残れる」と語る根拠

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • どうせ行くなら1位のコース? アコーディアゴルフが部門別1位を発表

  • アコーディア・ゴルフ、MBKP ResortによるTOBに賛同し上場廃止へ

  • 海外ゴルファー需要拡大! アコーディアが公式韓国語サイトを開設