1. ニュース
  2. メーカー

アメリカン倶楽部から1万円台のホワイトヘッド

メーカー 編集部

フェースに6-4チタン合金を採用した『ブラスタージー』のヘッド体積は455cm3の大型サイズ。しかも「ホワイト」は膨張色である白をヘッドカラーに使用しているので、ビッグサイズが際立ち、それが安心感を生み出している。その一方、重心距離を短くして操作性も高める工夫も凝らす。
 
試打した感想は、クラブのしなり戻りが速いことで、シリーズ全般においてまず振り遅れが少ないこと。ダウンスイングの早い段階でヘッドが戻ってくるのでボールへの入射角が浅くなることで、スイープにボールを打てる。このアングルだとバックスピン量の軽減が見込める。ヘッドがインパクトで戻りきらずにボールを捉まえられないゴルファーには強くオススメしたい。
 
ただ、ボールを捉まえられるゴルファーは、少し振り遅れるくらいの感じで打たないとヘッドが戻り過ぎるかもしれない。トップからダウンにかけてゆっくりしたテンポの切り返しを心掛ければ、ライナー性の強い弾道が打てる。いずれにしろ、この価格帯の商品としては打球感のよさも含めてかなり高いパフォーマンスを期待できるニューモデルだ。
 
なお、上記商品の詳細については、こちら


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 住友ゴム、組織改正及び人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • テイクスインク、事務所移転のお知らせ

  • アルペン水野会長が辞任

関連記事

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • ゼロ スリクソンで開発一新 ゼクシオとの切り分け術を動画説明

  • やさしく飛ばす「ゼロスリクソン」試打レビュー 反発エリア176%拡大でミスにも強い

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!