• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • シルエットを楽しもう!パーリーゲイツ2012FW

    編集部
    SNSでシェアする
      「2011年FWから続いてきたベーシック回帰路線は、今年FWへと一巡してきましたが、震災という経験を踏まえてのECO(エコ)・ETHICAL(道徳)・INVESTMENT(投資)などの消費志向は定着しています。一方、反動として新鮮さや装飾性、強いインパクト性など、新しさや変化を求めるムードも高まっています。   そこで今回のコレクションには、オールドスクールテイストの復活とともに急浮上してきたトラックスーツやスタジアムジャック、インパクトプリントなどのキーアイテムに、オーセンティックトラッドアイテムをミックスするニューオールドスクールがテーマになっています」――。   スタイリングはストリート&トラディショナル、スポーツ&フェミニンなどの相反する要素をミックス。これまでの流れを踏襲した上質でクリーンなムードのトラッドに新鮮なインパクトをプラスし、エッジの効いたスタイルを打ち出しているという。   実際に展示会場内のコレクションを見ると、かなりのインパクトがある。特に、パンツのシルエットの多様さ、柄の豊富さなどには目を見張ってしまう。オンコースだけではなく、オフコースでの着こなしも楽しめるコレクションだ。今年でブランド設立23年目を迎えるパーリーゲイツの真骨頂といったところか。   なお、主な価格帯はブルゾンが2万4000円~3万4000円(メンズ・レディスとも)、パンツが1万9000円~2万8000円(同)など。
    タグ
    キャロウェイ
    展示会
    パーリーゲイツ