1. ニュース
  2. メーカー

ビームスゴルフ、2012AWはクラシック

メーカー 編集部

 
同ブランドは、従来のゴルフウエアのイメージから抜け出し、アメカジやアウトドアのテイストを取り入れ、実際にゴルフをプレーするための機能性を素材やデザインの中に盛り込んだオレンジレーベルと、伝統的なゴルフスタイルを踏襲しながら、シルエットや色使いで現代性を表現したスタイルを追求するパープルレーベルの2レーベルで展開。
 
オレンジレーベルは、日常の自分なりのスタイルをゴルフコースでも表現したいという”新しいゴルファー”のために、新しいスタイルを提案。ゴルフウエアとしての機能性を持たせながら、ファッション性も両立しているのが特徴。
 
特に今シーズンは、昨シーズン好評を博したアウター類の充実を図ったという。全体の型数はメンズ、レディスともに50型ずつ。平均価格帯は、アウター類が1万2000円~1万8000円ほど、パンツがおよそ1万5000円となる。
 
一方、パープルレーベルは、天然繊維の風合いと、ゴルフのための機能性を合わせ持った独自の素材をメインに使用し、カッティングとディテールのアレンジで着心地を追求したウエアを展開。遊び心を持った大人のゴルファーのために、上品で艶のあるスタイルを提案するという。型数はこちらもメンズ、レディスともに50型ずつ。平均価格帯は、アウター類が3万円ほど、パンツが1万5000円~2万円となる。同社商品統括部の西脇哲係長によれば、
 
「ブラックウォッチに代表されるようなトラディショナルな柄に、撥水性、透湿防水性を持たせた高機能素材を使用するなど、スポーツとファッションの両面からゴルフを楽しみたいという方に向けての新しい提案をいたします。
また、当社とつながりの深い『フレッドペリー』や『ディッキーズ』などのブランドとのコラボレーションアイテムもますます充実しております」
 
なお、今回発表のコレクションの投入は8月中旬頃を予定。常にファッション性と機能性を高い次元で両立させる『BEAMS GOLF』は、老若男女問わず、すべてのゴルファーから愛されるブランドになりそう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本ゴルフマネジメント、社名をネクスト・ゴルフ・マネジメントに変更

  • Takumi Japan 2in1パター Webカタログ

  • FDR、瀧川裕次氏が代表取締役社長に就任

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ

関連記事

  • 「4大メジャー」がテーマのビームスゴルフ2017SS

  • コーポレートカラーのオレンジを前面に押し出した『BEAMS GOLF』

  • 「チームUSA」を意識したビームスゴルフ2015SS

  • 『ビームスゴルフ』が益々充実

  • ビームス ゴルフの軽量スタンドキャディバッグ登場