• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • JUN&ROPE2012AWは「モコふわ」で可愛らしさを演出

    編集部
    SNSでシェアする
    毎回、工夫をこらしたテーマを掲げる同ブランドの今回のテーマは「Retro Bohemian with Trad Mix(レトロ・ボヘミアン・ウィズ・トラッド・ミックス)」で、副題に「moko fuwa(モコふわ)collection」を掲げている。これは、ゴルフに適した機能素材に、ボアやファーなどの「モコふわ」なアイテムを取り入れたもの。同社ロペ事業部の高木香代子さんによると、   「今回のコレクションは、ボヘミアンでノスタルジックな雰囲気にトラッドをミックスしたスタイルを提案いたします。秋口は、ピンク、オレンジ、ブルー、パープルなど少し明るめな色使いで、小花プリント、チェック柄を取り入れています。冬物に関しては、ネイビー、ホワイト、ブラウン、グレーなどを基調とした少し大人っぽい色使いを採用。キルティングやボアなどの蓄熱保温素材も使用しています。また、静電気を抑える『制電性ファブリック』なども使用。普段使いできるウエアも多数揃えております。『モコふわ』で可愛くオシャレなウエアでゴルフを楽しんでいただければと思います」   今回のコレクションはウエア類の型数が約85型、アクセサリー類が約35型。平均価格帯は、ポロシャツが1万円、アウターが1万円後半、スカートが1万5000円、パンツが1万8000円ほど。   同ブランドは、展開店舗数が拡大していることや、契約プロである上原彩子の活躍により認知度がさらにアップ。先頃、初となるメンズポロも発表。数量限定発売だが、売れ行きは好調とのこと。今後の展開に要注目だ。
    タグ
    ジュン