1. ニュース
  2. メーカー

「アイスタッチ」ウエアが売れ行き好調

メーカー 編集部

 
同社は今年度、同素材採用商品全般で昨対115%(数量ベース)、アンダーウエア全般では同130%の売上を計画している。しかし、今年4月から6月末までの3ヶ月間で、アンダーウエア全般では昨対140%(数量ベース)、男性用アンダーウエアでは同222%を記録したのだ。
 
今回の好成績は、震災以後の節電意識の高まり、流通在庫の適正化、スポーツメーカーとしての分かりやすい機能性、知名度アップなど、複合的な要因が絡み合った結果だという。さらに、30~40歳代男性の間でいわれている「気配り節電」の意識も売れ行きに大きく関わっているとか。
 
「気配り節電」とは、クールビズでも周りに気を配り、清潔感を醸し出すこと。そのようなトレンドを意識した働き盛りのサラリーマンが、涼しく、さらに抗菌防臭・消臭機能を搭載している「アイスタッチ」のアンダーウエアへ注目したことも、販売好調を後押ししているという。
 
アイスタッチは、ゴルフウエアやゴルフ用アンダーウエア『バイオギア』へ搭載された商品もラインアップ。節電だけではなく、ラウンドでの熱中症対策にも一役買いそうだ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • ゴルフシューズ「WIDE STYLE」シリーズ3モデル発売

  • ミズノ 世界戦略モデル『ST200X』『ST200』ドライバー、『JPX200X』アイアン

  • 最年少現役高校生プロ、西郷真央がミズノと契約

  • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

  • ミズノ、人事異動のお知らせ

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S