• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「アイスタッチ」ウエアが売れ行き好調

    編集部
    SNSでシェアする
      同社は今年度、同素材採用商品全般で昨対115%(数量ベース)、アンダーウエア全般では同130%の売上を計画している。しかし、今年4月から6月末までの3ヶ月間で、アンダーウエア全般では昨対140%(数量ベース)、男性用アンダーウエアでは同222%を記録したのだ。   今回の好成績は、震災以後の節電意識の高まり、流通在庫の適正化、スポーツメーカーとしての分かりやすい機能性、知名度アップなど、複合的な要因が絡み合った結果だという。さらに、30~40歳代男性の間でいわれている「気配り節電」の意識も売れ行きに大きく関わっているとか。   「気配り節電」とは、クールビズでも周りに気を配り、清潔感を醸し出すこと。そのようなトレンドを意識した働き盛りのサラリーマンが、涼しく、さらに抗菌防臭・消臭機能を搭載している「アイスタッチ」のアンダーウエアへ注目したことも、販売好調を後押ししているという。   アイスタッチは、ゴルフウエアやゴルフ用アンダーウエア『バイオギア』へ搭載された商品もラインアップ。節電だけではなく、ラウンドでの熱中症対策にも一役買いそうだ。
    タグ
    ミズノ