1. 10年ぶりの記者発表で逆三角形の『iDnabla』

10年ぶりの記者発表で逆三角形の『iDnabla』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 68 Views

シリーズに冠する「ナブラ」は、ベクトル微分演算子のひとつで、記号では▽(逆三角形)で表される。同シリーズはドライバーからアイアンまでの重心設計に連続性を持たせ、FP、重心深度、重心距離のバランスが逆三角形になることから、「ナブラ」をシリーズ名に採用している。
 
特にドライバーでは、飛距離に直結するフェースの高初速エリアの拡大を追求。フェースセンター・重心点・たわみ点を最適に配置する「3バランス設計」を継承しながら、187分割したフェースの肉厚をたわみエリアが最大化する編肉フェースを実現。高初速営利が1・5倍に拡大したという。また、『iDナブラX』ドライバーのシャフトは、手元に超高弾性の「ダイヤリード」を、シャフト全体にはしなり、粘りを生み出す「タフキュア」を採用。鞭のようにしなり、ヘッドスピードの最大化を可能にしたという。
 
最大の特徴は先述の通り、ドライバーからアイアンまでの重心設計に連続性を持たせたこと。目的は振り心地の統一で、「ドライバーは心地よく振れるのに、その他のクラブと振り心地が異なり、チョロやダフリに悩むゴルファーは意外と多い。それは重心距離、重心深度、FPのバランスが、ドライバーとは違うことに起因すると考えられます。マーケットの製品を観察すると、同一ブランドであってもドライバーは大型ヘッド、FWは比較的小ぶり、アイアンは面長など、重心設計が統一されていないケースが散見される。これを解決したのが『iDナブラ』だと考えてください。過去にない、まったく新しいコンセプトだと思います」――。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 『iD ナブラ RS』誕生キャンペーン

    • 横浜ゴム、役員就任のお知らせ

    • 横浜ゴム子会社が米LPGAで冠大会

    • アスリートが飛ばせる長尺『egg1』

    • 「プロギア」から2つのグッズシリーズ発売

    • イエロー×中尺でストロークが安定!