1. ピン、日本専用仕上げの『ツアーウェッジ』発表

ピン、日本専用仕上げの『ツアーウェッジ』発表

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 196 Views

同製品は、溝幅をルール極限まで広げ、精密マシンにより溝の精度を高めた「新ゴージ溝」を採用。その結果、前作の『TOUR‐S』に比べ、スピン量が約400~600回転増加、打ち出し角が約1度低くなりツアー好みの弾道を実現したという。これらを可能にしたのが、従来品よりも精度が4倍アップしたという最先端の削り出し機。同社の安齋伸広マネージャー(プロダクトマーケティング)は次のようにコメント。
 
「新採用の『ゴージ溝』に関しては、日本国内の当社工場内で削り出し作業を行っています。最先端のエンジニアリングの製法を用いて極限まで精密さを保ち、溝の形状を精密に品質管理しております。また、日本限定の『シャイニーグルーブ』仕上げを施したことで、構えた時に感じる溝と溝の淵の輝きが、溝を大きく見せ、よりスピンをイメージさせる仕様になっております。さらに、『ツアーウェッジ』は、個々のゴルファーのスイングやプレー状況に応じて選択できる3つのソール形状をラインアップ。すべてのゴルファーがグリーンを攻められる仕様になっております。10月発売です。ぜひ一度お試しください」
 
安齋マネージャーのいうソールオプションは、「スタンダードソール(SS)」「ワイドソール(WS)」「シンソール(TS)」の3種類。詳細は以下の通り。
 
■SS:様々なライに対応した一般ソール形状で、万人向け。すべてのライから対応可能。
ロフト/バウンス角:47/12、50/12、52/13、54/13、56/13、58/10、60/10の7モデルを用意。
 
■WS:深いラフやバンカーから威力を発揮し、ダウンスイングが鋭角なプレーヤー向け。
ロフト/バウンス角:54/13、56/13、58/10、60/11の4モデルを用意。
 
■TS:硬い地面やライの上から威力を発揮し、ダウンスイングが緩やかなプレーヤー向け。
ロフト/バウンス角:58/6、60/6の2モデルを用意。
 
なお、動画はプレゼンテーション当日の模様を収録したもの。問い合わせはピンゴルフジャパンへ、03~5916~1812。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • PING 2018 SS – ピンゴルフWebカタログ

  • ブレずに飛ばせ!ピンのG400MAXドライバーを永井プロが試打検証

  • 賞金女王も絶賛 鈴木愛が認めたピンの飛び系G700アイアン

  • PING 2017 FALL&WINTER Webカタログ

  • 今年もピンのファンイベント開催!鈴木愛ほかプロと2ホール限定スペシャルラウンド

  • 飛ばし屋チャン・キムプロが2大俳優にレッスン! 大人も子供も楽しめる「Gフェス」