1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 『913』で『910』を超える!

『913』で『910』を超える!

メーカー
  322 Views

 
『913』は、改めて飛びの3原則(ボール初速、打出し角、スピン量)に着目。一つは重心位置で、フェースセンターの垂直線上付近に配置。ボールの重心とヘッドの重心を衝突させ、インパクト時のエネルギー伝達効率を高めるというもの。さらにフェースの肉厚をフローさせた鍛造フェースを採用したことで、スイートエリアを前作比11%アップしている。
 
オリジナルシャフトも注目に値する。藤倉ゴムとの共同開発で誕生した「タイトリスト・ランバックス55」を採用。前作装着のオリジナルシャフトより4g軽量化することで、これまで以上に幅広いゴルファーに提案していく構えだ。
 
価格訴求力も強化した。前作(オリジナルシャフト装着モデル)が5万7750円だったのに対し、『913』はオープン価格ながら約14%ダウンの4万9800円を店頭売価として想定している。
 
「二匹目のドジョウというわけではありませんが、『913』は『910』以上の販売本数を期待しています。すでに発売前からツアーで勝利しており、性能面では前作を超えている。期待してください」――。
 
尚、動画は記者発表を収録。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Bridgestone Golf FW 2018 – ブリヂストンゴルフWebカタログ

  • ブリヂストンスポーツ、役員選任のお知らせ

  • 日本ゴルフ指導者協会、事務所移転のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • タイトリストが放つ新次元ディスタンスボール

  • タイトリストボールが世界一へ

  • フューチュラにネオマレットタイプを追加

  • フットジョイから春シューズ続々

  • 92名がタイトリスト・パフォーマンス・インスティチュートを受講

  • 片山、マスターズ直前契約発表