1. ニュース
  2. メーカー

秋冬は『ムーブダウン』で寒さ対策

メーカー 編集部

 
その特長は大きく3つ。同社独自の設計手法「ヴァーチャルボディデザイン」を採用。プロゴルファーのスイング動作を3DCGで再現して、皮膚の伸縮を解析することで、ツッパリ感を軽減してスムーズな動作を実現している。2つ目は吸湿発熱素材「ブレスサーモ」の採用。人体から発生する水分を吸収して、発熱する保温素材。衣服内をドライで暖かい状態に保っている。3つ目は、軽量とコンパクト。高密度な生地と高品質なグースダウンにより軽量化をはかり、サイズもベストなら500mlのペットボトル1本分ほどの大きさに収納できる。
 
2012年秋冬シーズンモデルは、長袖タイプ(メンズ、レディス)、半袖タイプ(メンズ)、ベストタイプ(メンズ、レディス)をラインアップ。カラーはメンズが従来のシルバーグレー、ブラック、ライムグリーン、レッドにチャコールグレー、ライトネイビー、スモーキーブルーの3色を追加。レディスはブラック、レッド、シルバーグレー、スカイブルー、ピンクをラインアップしている。
 
価格は、長袖タイプが1万5750円、半袖タイプが1万4700円、ベストが1万3650円。 
 
問い合わせはミズノへ、0120~320~799。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • REALSPECGOLF、店舗移転のお知らせ

  • IOMIC、本社移転のお知らせ

  • 日本ゴルフコース設計者協会、事務局移転のお知らせ

  • METALFACTORY 2019 – メタルファクトリーWebカタログ

関連記事

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S

  • ミズノプロ モデルEとSを試打 HS42m/sでも250ヤード飛んだ理由とは? 

  • ミズノプロにドライバー登場 原英莉花が飛距離1位宣言

  • Mizuno Pro 2018 – ミズノプロWebカタログ

  • ミズノプロに『 319 』と『 719 』が追加! 全6タイプの選び方

  • MIZUNO PRO 2018 – ミズノWebカタログ