1. ニュース
  2. メーカー

ヤマハ初の賞金王誕生

メーカー 編集部

藤田は最終日、5バーディー、2ボギーの67で回り、2位に5打差をつける通算18アンダーで大会3連覇を達成。今季は4勝をマークし初の賞金王にも輝いた。

同プロと用具契約を締結するヤマハも面目躍如だろう。ヤマハ初の賞金王誕生は、先ごろ投入した2013年モデルの起爆剤にもなりうる。

同社はかつて、スキー、テニス事業から撤退した経緯がある。スリム化の一環で次は、「ゴルフか?」と噂されたものだが、今となってはどこ吹く風である。

この間、組織編成も事業推進部からゴルフHS事業部へと格上げされ、2012年は60億円強の売上高を誇るまでになっている。

美酒を味わう一方、メーカーならではの苦悩もあるようだ。藤田の活躍により、一般ゴルファーからは「『インプレスX』は上級者向けのクラブなのでは?」―。そんな風に捉える向きも少なくないのだとか。

そこで、13年モデルではVとDを統合、『リミックス』へ集約し、ヘッドとシャフトのバラ売り(ツアーモデルを除く)へ踏み切っている。

フォローの風が吹いていることに変わりはないが、新しい販売形態ゆえに真価が問われる一年となりそう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 太平洋クラブ、芥川眞澄氏が理事長を退任

  • 日本ゴルフ場支配人連合会、役員選任のお知らせ

  • 関西ゴルフ練習場連盟、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、7月1日付組織改正および人事異動のお知らせ

関連記事

  • 永井花奈 RMXのクラブで「11勝します(笑)」ヤマハとの契約で超強気

  • 藤田寛之・有村智恵・福田真未らとラウンドできる! 「ヤマハ ゴルフ ファンサミット」レポート

  • ヤマハ『インプレス UD+2』を購入するとプレー券が当たるチャンス

  • ヤマハ担当者に聞いた!新生『インプレス UD+2』のココが凄い!

  • 3番手飛ぶ『インプレス UD+2』は練習嫌いなゴルファーへ

  • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ