1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 新しい『EZONE』は超・深重心!

新しい『EZONE』は超・深重心!

メーカー
  312 Views

 
なかでも注目は、ヘッドスピード40m/s前後のアベレージゴルファーを対象に、平均飛距離が7ヤードアップすると謳った『i‐EZONE ドライバー』(6万8250円/3月中旬発売)。同製品は、新開発のカップ型カーボンクラウンを採用し、従来モデルよりも3gの軽量化に成功。その余剰重量をサイドからソール後方へ重点配置することで、同社史上最大の超・深重心の重ヘッドを実現したという。開発担当の飯泉剛課長によれば、
 
「この30年間で当社が蓄積してきたカーボン技術を、活用して開発した自信作です。新開発のパワーアシスト設計により、43・8mmという他を圧倒する重心深度を実現しました。同設計により、クラブ軌道がレベルからアッパー軌道になりやすく、高打出し・低スピンの理想的な強弾道を実現可能としています。ロフトの常識を超えた打出し角と適正なスピン量が得られ、高弾道のビッグドライブを生み出す『i‐EZONE ドライバー』をぜひお試しください!」
 
このドライバーの注目ポイントはこれだけではない。同社は、新素材を採用した標準シャフト以外に、新発想の「冬専用シャフト」(2万6250円/9月発売予定)を提案。これは、殆どのゴルファーが体験するであろう「冬になると飛距離が落ちる」という実感をもとに開発。特に同社は、「気温が30度下がると、空気密度(空気抵抗)が約10%上がる」という科学的なデータに着目。そこで打ち出したのが、標準シャフトに比べ重量を抑えると共に、しなり量を増大し、シャフト先端を走らせヘッドスピードを高めるという新設計の「冬専用シャフト」。夏と冬の大きく異なる環境下でも、その季節にベストな飛びが可能になったという。
 
そして、クラウンを白と黒のツートンとしたこれまでにない斬新なヘッドを採用。ショットを成功に導くためには、アドレス時の安心感が大きく左右する。同デザインは、フェースの向きを合わせやすく、ターゲットに向かって正しいアドレスを容易にし、バックスイング時のヘッド軌道を認識しやすく、振りやすくなるという効果を生み出すという。
 
ラインアップは9度、10度、11度の3種類。発売に合わせて購入者を対象とした「冬シャフトキャンペーン」も開催するとのこと。問い合わせはヨネックスへ、03~3833~3526。
 
なお、動画は1月21日に行われた記者発表の模様を収録したもの。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Bridgestone Golf FW 2018 – ブリヂストンゴルフWebカタログ

  • ブリヂストンスポーツ、役員選任のお知らせ

  • 日本ゴルフ指導者協会、事務所移転のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 石川遼モデルCBにもニューカラー

  • ジュニアW杯で女子日本代表が優勝

  • 石川遼絶賛のゴルフシューズ

  • 石川遼モデルに軽量『フェザーライト』

  • ヨネックス、契約プロ使用中のCBを投入

  • 参戦1年目で早くも1勝のキム・ヒョージュ