1. ニュース
  2. メーカー

KBS単独インタビュー(米PGAショー・デモデー)

メーカー 編集部

「はじめまして。KBSシャフトのマーケティングディレクターのエリック・ハブルです。こちらが、開発兼ツアーディレクターのキム・ブレイリーです。KBSは2008年に誕生し、現在に至るまで、素晴らしい実績を残しております。販売開始以来4年間で、数多くのクラブメーカー、(TMaG、タイトリスト、アダムス、キャロウェイ、コブラ)等に採用されております。そして、様々なクラブメーカーが持つ全国のフィティングカートにKBSは入っております。2013年には、話題のロケットブレイズをはじめ、コブラ、アダムスに標準採用されております。この様に、KBSの露出は年々高まっています。ここからは、キム・ブレイリーがKBSシャフトについてお話したいと思います」
 
「KBSが持つ特徴の1つとして、重量レンジが幅広いことが言えます。90g~130gで、5g刻みでラインアップされています。この様な重量レンジはフィティングが非常にしやすいと言えます。一般的にシャフトのフィティングは複雑ですがKBSはその様なシャフトとは一線をかくしております。『C-Taper』シリーズを新たにラインアップすることにより、より幅広いゴルファーへのアプローチが可能となりました。パフォーマンスはオリジナル『Project‐X』に近いですが、インパクト時のフィーリングがよくなっており、またボール初速が1m~1・5m程UPしているというデータもあります。特徴として、低めの弾道・低スピンを生み出す設計となっています」
 
「KBSの特徴であるエネルギー伝導効率について少し説明してください」
 
「こちらはKBSカスタムシリーズで、ロゴやカラーをスチールシャフトに施したモデルです。KBSのユニークな特徴は、一定の割合でシャフト径と剛性が変化していく設計とになっており、これが、シャフトのエネルギー伝導効率を良くし、スウィング中のシャフトの動きが非常に効率的になります。つまりシャフトが無駄のない働きをするということです。結果、市場にあるシャフトと比べ、半クラブ分の飛距離UPにつながっています」

「ツアーについて、教えて下さい。2008年からツアーの現場で活動しているが、現場で何が起きているのか教えて下さい」
 
「今年は過去数年と違い、ヨーロッパツアーにもフルタイム専任レップを派遣します。過去は私が中心となり、オフィススタッフと共に活動しておりましたが、今年からは数名の専任スタッフ体制でツアーに臨みます。100名以上の世界中のツアープロが使用しており、体制の割には、成功していたと言えましょう。今年からは専任スタッフを含むサポート体制も充実させており、さらなる成功が期待できます」
 
「最後に日本市場について」
 
「カスタムシリーズを始め、オプション展開を検討していきます。既にカスタムシリーズは日本市場でも好評です。今後日本市場における我々KBSのプレゼンスは高まりますし、メーカーの採用も増えていきます。ありがとうございました。是非新商品『CT95』をお試し下さい」


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • KRONOS GOLF 2019 – クロノスゴルフ Webカタログ

  • 日本パブリックゴルフ協会、移転のお知らせ

  • 【LIVE】ゼクシオ新商品記者発表会のライブ中継を行います

  • 二木ゴルフ、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 高スピンの捲れる弾道『KBS TOUR グラファイトアイアン』永井プロ試打レビュー

  • 「PGAショー2019」カウントダウンスペシャル! ゴルフショップレポート@オーランド④

  • 「PGAショー2019」カウントダウンスペシャル! ゴルフショップレポート@オーランド③

  • 「PGAショー2019」カウントダウンスペシャル! ゴルフショップレポート@オーランド②

  • 「PGAショー2019」カウントダウンスペシャル! ゴルフショップレポート@オーランド

  • KBSから初のカーボン『KBS TOUR HYBRID PROTOTYPE』