1. ニュース
  2. メーカー

ミズノ、ルークと複数年で契約更新

メーカー 編集部

 
ショットメーカーとして評価の高いルーク・ドナルド。その証拠に、449ホール3パットなしという記録を達成したほど。ミズノの代名詞である『MPアイアン』のアンバサダーとしては申し分ない。
 
すでに、ツアー13勝、2011年には史上初の欧米両ツアーの賞金王に輝いている。クラブ開発においても積極的に協力しており、昨シーズンからは本人監修の『MP-64アイアン』と『MP-T4ウエッジ』を使用している。
 
今回の複数年契約は4年。ゴルフが正式採用となるリオ五輪開催の2016年まで。同社の狙いが、五輪にあることは想像に難くない。
 
ルークは昨年、ロンドン五輪開催時に現地に設営されたミズノサービスセンターのオープニングイベントに出席。メディアに対して「地元で五輪が開催され、いち観客として見ることができて感動しています。この盛り上がる五輪に、次回は代表選手として出場したいです」とコメントしているというから、五輪への意欲も旺盛だ。
 
2016年、ミズノのバイザーがリオ五輪の舞台で一際目立つか。日本の物づくりを再アピールする場として、最高の舞台といえるだろう。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】日本シャフト2019新製品発表会ライブ配信

  • マジェスティゴルフ2019新製品発表会ライブ配信

  • 全日本ゴルフ練習場連盟、役員選任のお知らせ

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S

  • ミズノプロ モデルEとSを試打 HS42m/sでも250ヤード飛んだ理由とは? 

  • ミズノプロにドライバー登場 原英莉花が飛距離1位宣言

  • Mizuno Pro 2018 – ミズノプロWebカタログ

  • ミズノプロに『 319 』と『 719 』が追加! 全6タイプの選び方

  • MIZUNO PRO 2018 – ミズノWebカタログ