1. ニュース
  2. メーカー

『プロV1』が耐久性向上でリニューアル

メーカー 編集部

 
記者発表冒頭の挨拶で中村孝社長は、「2012年は前年対比約15%増の180億円の売上げを達成した。中期計画の200億円までもう少しです」――。すべてのカテゴリーで販売好調で、特に『910』から『913』とクラブビジネスも良好に推移している結果のようだ。
  
今回の新『プロV1』は、ショートゲームでのスピンコントロール性能を維持しながら、飛距離性能の進化、よりソフトな打感、画期的な耐久性の向上を開発の主軸に据えた。『プロV1』では、ソフトで均一性の高い「ZGプロセスコア」を新開発。反発性の高いアイオノメリック・ケース層との相乗効果でドライバーからロングアイアンでのスピン量を軽減。結果飛距離性能が向上したという。また、新配合のウレタン・エラストマー・カバーは配合を変えたことにより耐光性が向上。加え新しいペイントシステムで、カバーへの付着力を大幅にアップして、耐久性が格段にアップしているという。
  
新『プロV1x』は均一性の高い「新高速ZGプロセスデュアルコア・テクノロジー」で、ソフトで反発性の高いデュアルコアを開発。328ディンプルと最新のペイントシステムの相乗効果により、低くより安定した中弾道を実現すると説明した。 
 
今回の『V1』のポイントは耐久性の向上。ウレタンカバーが黄変することなく、さらに新たなペイントシステムの採用により耐久性が上がって、よりコストパフォーマンスが高くなったこと。アマチュアからの多くの意見を取り入れ、開発の1要件に組み込んだことだろう。
  
そのような姿勢を頑なに守り続けているからか、昨年タイトリストのボールは、年間を通じてシェア20%を維持。長年の悲願だったが、今年は25%を目指すというから、市場はますます熾烈な戦場となるだろう。
 
記者発表ではボール使用プロの谷口徹、武藤俊憲、馬場ゆかりが登壇。「球が強い」、「自分のイメージした操作性の高さ」、「ソフトなくっつき感」、「低い弾道で飛んでいる感がある」など大絶賛だった。
 
新『プロV1』は7代目。すでにツアー2000勝以上、ツアーでの使用実績は延べ22万人以上。世界で一番売れているボールだけに、発売まで待ちきれない。
 
問い合わせはアクシネットジャパンへ、03~5617~1525。
 


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • REALSPECGOLF、店舗移転のお知らせ

  • IOMIC、本社移転のお知らせ

  • 日本ゴルフコース設計者協会、事務局移転のお知らせ

  • METALFACTORY 2019 – メタルファクトリーWebカタログ

関連記事

  • タイトリスト『Tシリーズ』アイアン試打!ミスがミスにならないは本当か?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • 上級者モデル秋の陣はタイトリスト 917が台風の目

  • アクシネット ジャパン インク タイトリスト VOKEY DESIGN SM6

  • 大幅なイメチェンで新生『VG3』を訴求