• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • スイング解析センサー『Zepp GolfSense スイングセンサー』

    編集部
    SNSでシェアする
    『ゼップゴルフセンススイングセンサー』は、3Dモーションセンサーを内蔵した本体(17gの超軽量設計)をグローブに装着してスイングするだけと簡単。   特徴は、本体に内蔵された3Dモーションセンサーから送られるデータを基に、スイング軌道などをスマホやタブレット上で解析して3Dアニメーションで表示するというもの。例えば、3Dモーションセンサーを使うことで、「クラブヘッドスピード」、「スイングテンポ」、「バックスイングの位置」など計10項目のデータを細かく解析できるという。また、レッスンプロとのスイング比較が可能なモードも搭載しているのも見逃せないポイント。さらに、特筆すべきは自分のスイングの軌跡が360度あらゆる方向からの視点で確認できる点が挙げられる。 この点について同社代表取締役社長西山和宏氏は、   「本体に内蔵された3Dモーションセンサーは、1秒間に1000回以上ものデータを測定し、加速度、速度、テンポ、姿勢、ボジションなどを解析できます。よって、クラブがどのような軌道を描いているのか、などスイング中の細かい部分まで解析することが可能です。今までビデオ解析では分からなかった部分が見えてくるはずです。是非お試しください」―。   もうひとつは、スイングの解析に必要となる専用のアカウントで細かい情報設定をすることができるというもの。アカウントでは身長や利き腕、ハンディキャプの他に、グリップの握り方や位置(それぞれ10通り)などを細かく設定することが可能。また、所有しているクラブの種類、シャフトの種類、クラブの長さなどを設定して登録することができるという。   その他にも、記録したスイングを専用のアカウントを使ってクラウド上にアップすることが可能。iPhoneとiPadなど複数のデバイスを使用する場合でも、記録したデータを同期して同じ状態に保つことができるという。スマートフォンの普及で様々なゴルフアプリが開発されているが、同製品は今後のレッスンの在り方を変えるアイテムになるだろう。 問い合わせはフォーカルポイントへ、03~6447~2987。