1. ニュース
  2. メーカー

『ミズノ×241CO.』コラボ第4弾はデニムの風合い

メーカー 編集部

 
キャディバッグは、同社独自の構造「フレームウォーカー」を採用。2003年に発売された「フレームウォーカー」は、キャディバッグの芯材をフレーム構造にすることで、強度向上と軽量化に寄与した。この構造を採用することで、過去のコラボモデルも実現したといえるだろう。
 
今回のコラボで30年ものイメージのシリーズは、薄いサックスで使い込まれた印象のカラー。一方の10年ものはネイビーで、味わい豊かであり今後の使い方次第で味が出そうなカラーリングを採用している。
 
キャディバッグ(6万9300円)は、本格的サイズの口径9・5インチ、47インチ対応。重量は3・6kg。その流れでラインアップされるのが、ボストンバッグ(2万6250円)とラウンドポーチ(1万2600円)。
 
ボストンバッグは、55×30×30cmで35リットルの大容量。ゴルフに最適なサイズかもしれない。ラウンドポーチはティーやボールを入れるのに最適。サイズは25×15×12cmで、外ポケットも配置されていることから便利なアイテムとなりそうだ。
 
このシリーズは数量限定での発売となるから、ゴルファーにはレアアイテムとなるはず。取扱店にとっても限定商品だから値崩れせず、安心して販売できる商材となるだろう。
 
問い合わせはミズノへ、0120~320~799。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ゴルフシューズ「WIDE STYLE」シリーズ3モデル発売

  • ミズノ 世界戦略モデル『ST200X』『ST200』ドライバー、『JPX200X』アイアン

  • 最年少現役高校生プロ、西郷真央がミズノと契約

  • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

  • ミズノ、人事異動のお知らせ

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S