• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 92名がタイトリスト・パフォーマンス・インスティチュートを受講

    編集部
    SNSでシェアする
      今回のセミナーはレベル1というもので、参加者は92名。参加者のほとんどがゴルフ関係者と思いきや、鍼灸師や整体師、フットボーラーなどが参加している。   「ゴルフスイングのメカニズムだけではなく、基本的な体の動きからカリキュラムに導入されているため、多くの分野で利用価値が高い。そういう理由で業界外の参加者が多いのです」(同社)   国内外を問わず、参加者はゴルフ関係者、医療関係者、フィットネス関係者で同割合。世界59カ国で開催されているセミナーで、すでに有資格者は1万人以上に上っている。   TPIのセミナーをオペレーションするチームはメインが6名。そのほかアドバイザリースタッフが各分野合計で53人。このメンバーが年間38週にわたり世界各国でセミナーを開催している。   ある参加者は次のようにTPIの魅力を語ってくれた。   「これからは様々なスキルが仕事に必要になってくる。その中で『TPI』はPGAプロの資格以上の価値があると思っています」(ゴルフ雑誌社勤務)――。   日本での『TPI』の開催を後押ししたのが、ボールやクラブでの知名度のアップ。タイトリストブランドが成功を収めることにより、『TPI』の参加者募集もイージーになっているという。   今後は『TPI』自体のビジネスモデル確立が要諦となるが、すでにUSPGAツアーでの実績もあるように、加速度的に有資格者が増加しそうな勢いだ。
    タグ
    アクシネット
    TPI