1. ニュース
  2. メーカー

エスヤードは生まれ変わります! 『ボールドウェッジ』発表

メーカー 編集部

説明会冒頭の挨拶で同社小林健治社長は、「エスヤードは生まれ変わります! 先日発表した『T・388ドライバー』、そして今回発表する『ボールドウェッジ』を筆頭に、今後は当社製品の性能の高さを広く訴求していくため、様々な販促活動を行っていきます」と宣言。小林氏は昨年2月、同社の社長に就任。そして、ちょうど1年が経ったいま、商品力も充実した新生エスヤードは一気呵成に勝負をかける。
 
気になるその『ボールドウェッジ』だが、当日駆け付けた同社契約プロの小達敏昭いわく、

「アプローチで、スピンをかけるのにはもちろん技術も必要だが、クラブ性能でここまで変わるとは思わなかった。初めて実際に使用したとき、例えるなら『自家用車からF1に乗り換えた』ぐらいの衝撃があった。秀逸のスピン性能を誇るウエッジです。ぜひアマチュアゴルファーのみなさまにも使用していただきたい」――。
 
同製品は、ソール部分に4つのミリングホールを設け、ヘッド下部を軽量化。その余剰重量を、肉厚にしたトップブレード部分に配置し、さらに比重の重いタングステンウェイトを3つ装着することで、超高重心化を実現。見た目からもそのコンセプトが分かりやすく伝わってくるモデル。前出の小林社長が力説する。
 
「超高重心化もさることながら、最もこだわったのが構えやすさです。いわゆる”いいカオ”で、ゴルフクラブはこれが一番大切。構えた瞬間にイメージが湧く。特にウエッジは、フェアウェイ、ラフ、バンカーなど、色々なライから打つことが多い。それに加え、状況に合わせた様々な打ち方が必要。そのように、打ちたいイメージと実際の球筋が連動するウエッジを作りました。そのほかソールの抜け、フェースのレーザーミーリングなど、随所に我々のこだわりを入れております。一切の妥協をせず、突き詰めて完成した自信作です」
 
同社は、『ボールドウェッジ』の発売に合わせて、レンタルクラブの貸し出しを実施する。ハイスピンウエッジ究極のカタチともいえる同製品を、試してみてはいかがだろうか?
 
問い合わせはエスヤードへ、0120~099~301。レンタルクラブの要望は、0120~265~526へ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ルールを超えた究極の飛び『STARK HI COR』ドライバー

  • 巷で話題の『ボールドウェッジ』に限定モデルが登場

  • エスヤード、「燃えよ!ドラコン試打会」を開始!

  • 「ワクワクするクラブ」、エスヤード『XVシリーズ』発表

  • 『T.301』の精神を受け継ぐ『T.388』誕生

  • S‐YARDが「L‐1 ドラコン日本一決定戦」に協賛