• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ミズノ&木の庄コラボ第6弾は新色コンビ

    編集部
    SNSでシェアする
      「木の庄帆布」は、デザイナー佐藤太氏が2000年に設立したブランド。本物志向の男女を対象に、「帆布」をアイデンティティとして訴求していくブランドだ。ミズノとのコラボCBは6代目。ミズノ独自開発の「フレームウォーカー」はもともと、「着せ替え」がコンセプトで、あとから袋だけを取り替えられるというのが、大きな特長だ。現在では、様々なブランドとコラボしており、「木の庄帆布」もそのひとつに位置づけられる。   「前回のモデルを作成するにあたり、細いイメージを残しつつ、容量を増やしたかったため、フレームウォーカーのフレーム自体の開発にも参加させていただき、フレームの幅を少し大きくするなど改良を加えました。 そして今回のモデルは口元に革を採用するなど、『懐かしさ』を演出しています。 進化したフレームウォーカーの『新しさ』を隠さないように、敢えてフレーム部分が見えるようデザインを施しています。 過去のモデルには無い色遣いにも挑戦し、『懐かしさと新しさの融合』した私自身も大変気に入った良いものに仕上がりました」(デザイナー・佐藤太氏)   6代目となるコラボCBは、口元の革にクロコダイル型押しを施した「45CM-10030」(7万5600円)と型押しなしの「45CM-10130」(5万7750円)の2種類をラインアップ。両モデルとも口径9・5型、47インチ対応だが、前者はホワイト×ブラック、ベージュ×チョコの落ち着いたカラー。後者はカラー豊かなオフホワイト×ネイビー、オレンジ×ベージュ、オリーブネイビーの3色展開だ。   また、プレミアムゾーンの商品としてフレームウォーカーを採用していない円形の、それでいてシンプル且つ高級感漂う「45CM-09931」(13万6500円)も投入する。   問い合わせはミズノへ、0120~320~799。
    タグ
    ミズノ
    コラボ
    木の庄帆布