1. ニュース
  2. メーカー

「ヒール・クリークプラチナム」も注力展開!

メーカー 編集部

 
「ヒール・クリーク」のテーマは『ネオクラシシズム』で、1960年代のファッションを意識しているという。ドットやブロック、アンシンメトリーのボーダーなどの幾何学的な模様が多く取り入れられている。
 
また、ベースカラーはこれまで通りのベージュやブラックを使用しながら、差し色にイエローやピンク、ブルーを取り入れた。これによって昨シーズンと比較して、やや明るい印象を受ける。
 
一方、「ヒール・クリークプラチナム」のテーマは、1960年代のモダンアートを意識した、スタイリッシュなデザイン展開が目立った。
 
同ブランドの取り扱いは現在、直営店のみで10店舗程度。今後は卸の取り扱いも検討しているという。同社宣伝部チーフの竹内裕美子さんはこれについて次のようにコメント。
 
「先日リニューアルオープンした『ヒール・クリーク&ヒール・クリークプラチナム東京大丸店』では、『同プラチナム』の売り上げが4割程を占めており、ブランドとしての手応えを感じています。今後は、同店をモデル店舗と位置づけ、『ヒール・クリーク』と『同プラチナム』を別ブランドとして展開することを前提に、直営店以外でも取り扱いを広げていきたいと考えています」――。
 
3年目を迎えた「ヒール・クリークプラチナム」は、”追加コレクション”という位置づけから”新ブランド”へと成長しつつある。今後の売上動向とともに、注目したい。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • ゴルフも遊びも充実させたい人へ贈る「ロサーセン」

  • 最近のゴルファーはミドルレイヤードがお好き?

  • ライセンス商品が好調の「J.リンドバーグ」

  • ビバハートに新ライン「VIVA HEART.b」デビュー!

  • ゲージデザインに量販店向け低価格ライン新設

  • ビバハートはレイン充実、J.リンドバーグはカジュアルも展開