• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    「ヒール・クリークプラチナム」も注力展開!

    編集部
    SNSでシェアする
      「ヒール・クリーク」のテーマは『ネオクラシシズム』で、1960年代のファッションを意識しているという。ドットやブロック、アンシンメトリーのボーダーなどの幾何学的な模様が多く取り入れられている。   また、ベースカラーはこれまで通りのベージュやブラックを使用しながら、差し色にイエローやピンク、ブルーを取り入れた。これによって昨シーズンと比較して、やや明るい印象を受ける。   一方、「ヒール・クリークプラチナム」のテーマは、1960年代のモダンアートを意識した、スタイリッシュなデザイン展開が目立った。   同ブランドの取り扱いは現在、直営店のみで10店舗程度。今後は卸の取り扱いも検討しているという。同社宣伝部チーフの竹内裕美子さんはこれについて次のようにコメント。   「先日リニューアルオープンした『ヒール・クリーク&ヒール・クリークプラチナム東京大丸店』では、『同プラチナム』の売り上げが4割程を占めており、ブランドとしての手応えを感じています。今後は、同店をモデル店舗と位置づけ、『ヒール・クリーク』と『同プラチナム』を別ブランドとして展開することを前提に、直営店以外でも取り扱いを広げていきたいと考えています」――。   3年目を迎えた「ヒール・クリークプラチナム」は、"追加コレクション"という位置づけから"新ブランド"へと成長しつつある。今後の売上動向とともに、注目したい。
    タグ
    グリップインターナショナル
    ヒール・クリーク