• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    昨対1割増のDWDが新ブランドにも注力

    編集部
    SNSでシェアする
       まず、2013年DWDのコレクションだが、テーマは時間旅行。子供時代から大人になるまでのメモリーを思い出し、それを季節ごとに表現していくというもの。そのため、月別MDで連続性は表現されていないが、DWD独自の世界観はこれまで同様に醸し出されている。   立ち上がりの8月は、パンサーを用いてインパクトを覚えるデザインがメイン。9~10月になると子供時代を思い出して、おもちゃ箱をひっくり返したように賑やかなデザインをウエアで表現していく。11~12月は一転して大人の装い。バロック時代の文様をあしらったウエアは、アラベスク柄やフレア、クロスなどを多用して、DWDならではの世界観を表現している。   アイテムはメンズ95型、レディス108型、グッズ127型。注目されるのは、ペットボトルホルダーなどの裏地に使用される保温シートを表生地に使用するアイディアアウターなどで、他社アパレルメーカーと一線を画すウエアがラインアップする。   また、同社は都内展示場で3シーズン目となる「tovho(トヴホ)」と「ROCK・DUDE(ロック・デュード)」の展示会を開催した。「トヴホ」は京都発のブランドとして、日本の物作りをゴルフを通してファッションとして広げることを担う。一方の「ロック・デュード」はタウンカジュアルの世界観を、ゴルフを介して広げる役割となっている。   特に「トヴホ」は、トンボをモチーフとしたアイコンに起用。6つの羽はそれぞれ、京紫、萌葱、藍の京都らしい色合いを採用し、そのカラーをウエアの差し色に多用している。   流通は既存のDWD直営店が中心だが、今後はファッションアパレルのセレクトショップを中心に展開を図る。3年後には50店舗で売上高6億を目指して展開していく。    写真は右が「DWD」、左が「トヴホ」。
    タグ
    ウイッツ
    ダンスウィズドラゴン