• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 月刊GEW 6月号でゴルフ業界の「円安事情」を特集

    重量フロー・振動数も独自設計、ワクチンコンポのFW用

    編集部
    SNSでシェアする
    『GR-51k FW』は先端と手元に重量を配分して、総重量は軽いがスイングバランスは重く、長尺クラブに起きがちな振り遅れを抑止するという開発コンセプト。   一方の『GR-77 FW』は、シャフトの重心を中心として最適な重量配分をすることで、物理的な総重量は重いがスイングバランスは軽く素早い振り抜きができるというシャフトだ。これは先月発売されたドライバーと同じで、錯覚を用いたコンセプトだとか。   特筆すべきは、重量や振動数がドライバー用シャフトからフローしていない点だろう。同社の原田安浩社長が次のように説明する。 「ドライバーも含め同じ振り心地でスイング頂くために、敢えて重量と振動数はフローさせていません。ただし、クラブ完成時にはシャフトの重量配分で、短いクラブになるにつれてシャフトが硬過ぎることのないよう設計しています」   錯覚や重量・振動数ノンフローの開発コンセプトは希。だからこそ、新たなフィッティングの幅が広がるアイテムと言えそうだ。   問い合わせはグラビティーへ、0800~1111~1848。
    タグ
    グラビティー