1. ニュース
  2. メーカー

重量フロー・振動数も独自設計、ワクチンコンポのFW用

メーカー 編集部

『GR-51k FW』は先端と手元に重量を配分して、総重量は軽いがスイングバランスは重く、長尺クラブに起きがちな振り遅れを抑止するという開発コンセプト。
 
一方の『GR-77 FW』は、シャフトの重心を中心として最適な重量配分をすることで、物理的な総重量は重いがスイングバランスは軽く素早い振り抜きができるというシャフトだ。これは先月発売されたドライバーと同じで、錯覚を用いたコンセプトだとか。
 
特筆すべきは、重量や振動数がドライバー用シャフトからフローしていない点だろう。同社の原田安浩社長が次のように説明する。
「ドライバーも含め同じ振り心地でスイング頂くために、敢えて重量と振動数はフローさせていません。ただし、クラブ完成時にはシャフトの重量配分で、短いクラブになるにつれてシャフトが硬過ぎることのないよう設計しています」
 
錯覚や重量・振動数ノンフローの開発コンセプトは希。だからこそ、新たなフィッティングの幅が広がるアイテムと言えそうだ。
 
問い合わせはグラビティーへ、0800~1111~1848。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中九州カントリークラブ、役員選任のお知らせ

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

  • 朝日ゴルフ2020 – Webカタログ

  • ブリヂストンスポーツ、役員人事のお知らせ

関連記事

  • 飛ばしの『ワクチンコンポGR351』知らずにつかまって飛ぶシャフトを坂本プロが検証

  • 『ワクチンウエッジ』登場、販売元はベティナルディ

  • GRAVITY Gyelin Putter

  • グラビティー ワクチンコンポ GR560

  • キャリー&ランで飛ばす『ワクチンコンポGR350』

  • ワクチンコンポに短尺&長尺専用シャフト