• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ツアーチャンプの新モデル『クワトロブラックフォージド』登場!

    編集部
    SNSでシェアする
    同シリーズ最大の特徴は、シャフトが持つそれぞれの特性を最大限引き出すことが挙げられる。これは、カスタムメイド用ヘッドに求められる最も重要な点だ。   その筆頭が、『クワトロブラックフォージド』ドライバーヘッドだ。ヘッドのサイズは、445緕、で、4ビース鍛造モデル。素材は、6‐4チタンボディとSP700鍛造カップフェースを採用。これにより、抜群の「弾き感」と「打感」を実現したとか。また、ミッドシャローフェースとソールのV型溝により、ヘッドのブレを抑制し、安定した方向性と大きな飛距離が得られる完成度の高いヘッドに仕上がったという。   なお、同製品のロフト角は9・5と10・5度。要望によりヘッド重量は192g~200gまで対応しており、長尺にして飛ばしたいゴルファーやヘッドの重さで飛ばしたいゴルファーなど、あらゆるニーズに応えることが可能。さらに、「SLEルール適合モデル」以外にも「高反発モデル」のヘッドも追加でラインアップしたという。   もう一つは、『クワトロブラックフォージド』アイアンヘッドだ。フェース面及びキャビティ全体に精密なCNCミーリング加工を施し、高い肉厚精度を実現したモデル。軟鉄鍛造ならではのしっかりとした手応えと柔らかな打感を感じることができるという。また、操作性に優れたヘッド形状はセミグース設計を採用し、適度なボールのつかまりが得られるとのこと。さらに、低重心、深重心設計により高い打ち出し角を生み出し、抜けの良いソール形状でどんなライからもグリーンを狙えるという。   「ツアーチャンプ」シリーズは昔から根強いファンが多いだけに、今回の新製品も人気商材になりそう。 問い合わせはワークスへ、048~422~7333。
    タグ
    ワークス