1. ニュース
  2. メーカー

松山争奪戦を制したダンロップ

メーカー 編集部

松山は今年プロデビューを果たし、早くも2勝。海外メジャーを含む獲得賞金は9320万4907円で、2位の小平智(4299万7875円)にダブルスコアの大差をつけている。大台の1億円突破は確実で、今季賞金王の最有力候補。

その実力を満天下に示したのは2011年だった。同年4月の「マスターズ」でローアマ(27位)に輝くと、11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で優勝。アマチュアVは倉本昌弘、石川遼につづく3人目の快挙だった。

以後、多くのメーカーが「松山詣で」に励んできたが、最終的には本命のダンロップスポーツに決まったもの。これまで手厚いサポートをしてきた同社にすれば、獲得は至上命題でもあった。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ゼクシオ「成人式」を迎えて世界観を一新 「X」登場

  • 【LIVE】ゼクシオ新商品記者発表会のライブ中継を行います

  • クリーブランド『RTX4 ウエッジ』ソール選びがスコアのカギを握る?

  • 『ゼクシオ』初の飛び系アイアン『クロス』は他社の急所を徹底研究

  • テンプレート付きオリジナルボールマーカーペンがもらえる!NEW「スリクソン Z-STAR」デビューキャンペーン

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感