1. 松山争奪戦を制したダンロップ

松山争奪戦を制したダンロップ

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 180 Views

松山は今年プロデビューを果たし、早くも2勝。海外メジャーを含む獲得賞金は9320万4907円で、2位の小平智(4299万7875円)にダブルスコアの大差をつけている。大台の1億円突破は確実で、今季賞金王の最有力候補。

その実力を満天下に示したのは2011年だった。同年4月の「マスターズ」でローアマ(27位)に輝くと、11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で優勝。アマチュアVは倉本昌弘、石川遼につづく3人目の快挙だった。

以後、多くのメーカーが「松山詣で」に励んできたが、最終的には本命のダンロップスポーツに決まったもの。これまで手厚いサポートをしてきた同社にすれば、獲得は至上命題でもあった。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ

  • アーニー・エルスがゼクシオのブランド大使に就任

  • 住友ゴム工業 川松英明スポーツ事業本部長 年頭所感

  • ゴルフ5で横峯さくらがゼクシオ10のトークショー

  • 【検証】ダンロップのシャフトフィッティングでスライス癖は直せるのか