1. ヤング・キムの国内初優勝を支えたのは、マジェスティ市販モデル

ヤング・キムの国内初優勝を支えたのは、マジェスティ市販モデル

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 244 Views

最終日は、降雨のため2度にわたる中断をはさんだが、気持ちを切らすことなく、最終日69(3アンダー)とスコアを伸ばし、初日のトップタイから通算13アンダーで優勝を飾った。同選手は、米国LPGAツアー1勝、7年連続シード選手という実績を引っさげ、QT1位で日本ツアーに参戦。それから4年、念願の日本ツアー初優勝となった。
 
その初優勝を支えたのが、6月にマルマンから発売された『MAJESTY VANQUISH‐XR(マジェスティ ヴァンキッシュ XR)』シリーズだ。同選手は、この新シリーズをドライバーのみならずアイアンまで、純正カーボンシャフトが装着された市販モデルを使用。一般的に、「富裕層向けの高額なやさしいクラブ」というイメージのマジェスティだが、純正の市販スペックそのままでツアーを制したことは、そのクラブ性能の高さを証明したことになるだろう。この夏、注目の商材となりそうだ。ヤング・キム選手使用クラブは以下の通り。
 
・ドライバー:MAJESTY VANQUISH‐XR 9・5度 S 46インチ
 
・ユーティリティー:コンダクターAD460 U4 R
 
・アイアン:MAJESTY VANQUISH‐XR カーボン R #6~10、PW
 
・ウエッジ:コンダクターPRO NS950 R 52度、58度

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • maruman 2018 – マルマンWebカタログ

  • 「新生マルマン」の松下専務がマジェスティの今後を語る

  • 当たり負けしないからボールが しっかりと転がる!マルマンKSパターを永井プロが徹底検証

  • マルマン社長に金 在昱氏

  • 「働く女性のためのゴルフ交流会イベント」で一段上のゴルフ女子になろう!