• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • シニアも『やれる』ところを見せたい!

    編集部
    SNSでシェアする
      記者発表には室田淳や芹沢信雄ら7名のシニアプロも同席。各選手は挨拶の中で大会開催に感謝の意を示した。また、若手が盛り上げる今年のレギュラーツアーに対して、シニアらしい匠の技などを魅せることで「シニアもまだまだできることを伝えたい」と力説している姿も見受けられた。   今年13回目を迎える同大会は、国内シニアツアーでは最大規模の来場者数を誇り、今年も更なるギャラリーの増加を目指す。また、「シニアの元気なくして、日本の景気回復なし」をスローガンに掲げ、日本プロゴルフ協会(PGA)と共にシニアトーナメントを盛り上げるべく活動しているのも特筆すべき点と言える。   その取り組みの一貫として、同大会の池森賢二会長はPGAの森静雄会長とともに主要新聞社を巡業し、大会PRに努めたという。さらに、池森会長は集まった約150名の報道陣に対し、次のように訴えかけた。   「大会PRだけでなくシニアツアー全体の活性化につながるよう、スポンサー獲得や認知度底上げを図りたいと考えています。是非、ご協力をお願いいたします」--。   なお、今年の同大会の目玉は60歳以上のプロ選手が対象となる「グランドシニア賞」の増額。200万円から300万円に大幅アップとなっている。また、テレビ中継では昨年レギュラーツアーで賞金王に輝いた藤田寛之プロが解説として参戦することが発表された。   新たな取り組みで活性化を狙うシニアツアーは、プロの協力も不可欠。運営、選手、企業が一体となって、この夏裾野を盛り上げる。
    タグ
    ファンケル