• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ゴルフ業界求人
  • PGA会員専用求人
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    0・1ヤード表示の『ピンシーカースロープツアーZ6』

    編集部
    SNSでシェアする
    最大の特徴は勾配測定機能が付加された「ピンシーカースロープ」シリーズ史上で最精細もでるとなる、125ヤード以内測定時の0・1ヤード表示だろう。 『Z6』の測定可能距離は5~1300ヤード。そのうち5~125ヤードまでは、±0・5ヤードの精度で、表示は0・1ヤード。125ヤードから1300ヤードまでは、精度±1ヤードで表示単位は1ヤードとなる。距離感の育成やアプローチショットでの正確さ、クラブ選択のイメージ作りなど、究極の距離へのこだわりをサポートするという。 もちろん、スロープ機能も充実。±20°の勾配を自動計測し、距離の長短による弾道差を加味した「打つべき推奨距離」と直線距離を、覗いている画面上に同時表示。起伏の多い日本のゴルフ場でも活躍するほか、プレー時間の短縮にも寄与できるという。 また、天候・背景に左右されることにない4段階明度調整可能赤色ハイライト表示やラバー外装の完全防水(IPX7)、227gのコンパクトメタルボディ、背景誤作動測定を防ぐピンシーカーモード、6倍望遠、雨滴ガード多層膜コーティングガラスレンズ、自動オフ機能など、搭載機能は満載となっている。 PGAツアープロの90%以上が同社製の距離計を使用しており、国内プロも練習ラウンドで使っているという実績は半端ではない。ワンステップ上を目指すゴルファーの必携アイテムになりそうだ。 問い合わせは阪神交易へ、06~6371~8548。
    タグ
    距離計