1. ニュース
  2. メーカー

これでショートパットはバッチリ!?

メーカー この記事を書いた人:
 

「パットイズマネー」という格言があるように、ゴルフにおいてスコアに直結するのがパッティングだ。特に1m以内のショートパットを入れるか外すかによって、スコアは大きく左右してしまう。
 
同パターは、そのカップインに重要な物理の法則と人間工学を基に開発したパターで、これまでのパターとは一線を画すアイテムになっているという。
 
ヘッドクラウン部には、目標線に対するガイドラインを配置。このガイドライン内でストロークすれば、理論上1m以内はカップインする目安になるのだとか。
 
また、ガイドライン効果によって、リラックスしたストロークが可能となり打ち損じが減少。素材にはアルミニウムを採用し、ヘッド容積を拡大。中央部には半円柱の凹みを設けたことで重心位置が深くなり、単一素材のパターヘッドとして最大級の慣性モーメントを実現したという。これにより、ピンタイプのパターに比べ、2倍ものスイートエリアを確保するとともに、インパクト時のフェースのブレを極力減少。トップラインにはこのスイートエリアを示す3本のラインを施したことで、スイートエリアを意識しながら安心してストロークでき、安定した転がりが得られるという。
 
同製品のスペックだが、ライ角は一般的パターよりフラットな68度、シャフトは長めの36インチ設計。日本人の平均的な体型に合わせ、自然に気持ち良く構えられるように設計するこだわりをみせている。ロフトは3度、クラブ重量は555g前後という仕様。ショートパットに悩むゴルファーに同アイテムは朗報といえるだろう。一度試してみる価値はありそうだ。
 
問い合わせはヨネックスへ、03~3833~3526。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

関連記事

  • 森田遥にインタビュー ヨネックスのクラブはゴルファーにおススメ?

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

  • ヘッドスピード30m/s前後の女性に向けたヨネックスの新モデル「EZONE GT」

  • 生卵を7mから落としても割れないゴルフシューズ ヨネックス『エアラスゴルフ 1』の衝撃吸収