1. 新MPは名器の踏襲

新MPは名器の踏襲

 2013/08/29 メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 84 Views

 
ドライバー『MPクラフト513』は、名器『300S』や『クラフト425』の血統を受け継ぐウッド。前作『MP H4』よりカップフェースの面積を上下方向に拡大して、フェース上部でのヒット時におけるエネルギーロスを抑制。飛距離性能を高めている。また『H4』同様、インナーウエイトをフェース近くに配置したパワーバージョンと、フェース寄りに配置したノーマルバージョンバージョンを用意。前者は浅重心でスピン量を抑え中弾道を、後者は深重心で高打ち出しを実現している。
 
アイアンは2機種発売。マッスルバックの『MP-4』とキャビティモデルの『MP-54』がそれだ。『MP-4』は、名器といわれた『MP-33』や『MP-37』の瀬角を受け継ぐ完全マッスルバック。現在ラインアップするマッスルバックは『MP-69』のみで、マッスル好きには垂涎のアイテムとなるはずだ。
 
形状的には、同社契約ルーク・ドナルド監修の『MP-64』のソール形状を採用。さらに、『MP-69』と比較してオフセットが少なく、ソール幅は広い。加えて、トップエッジ厚がMP史上で一番薄いアイアンに仕上がっている。もちろん、”打感は音”という同社ならではの「ハーモテックインパクトテクノロジー」設計を採用。打音の周波数を設定し、澄んだインパクト音で心地よい打感を追求しているという。
 
一方の『MP-54』は、上級者の求めるやさしさと柔らかい打感を実現したアンダーキャビティバッグモデル。最大の特徴はMPでは最大となる慣性モーメント。そして、キャビティのフレームとインパクトエリアのマッスル部を肉厚にすることで、深い重心とソリッドな打感を体感できるモデルになっているという。また、MP史上最もストロングロフトのアイアン。打感と飛距離を兼ね備えている。
 
『MP-R4』は日本人好みのラウンド形状ウエッジ。『MP-R12』のヌケの良さやスピン性能を踏襲しながら、ロフト別のソールグラインドを施した。また、バックフェースの上下部に部分肉厚を施して、上下方向の慣性モーメントを拡大。様々なラフからのショットで、フェース全面を使用しても距離が安定するデザインを採用している。メディア向け試打会でも最も評価の高かったクラブとなった。
 
尚、動画は8月上旬に行われたメディア向け試打会を収録した。
 
問い合わせはミズノへ、0120~320~799。
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

    • ミズノ、組織一部変更及び人事異動のお知らせ

    • 復活する『Mizuno Pro』9月発売で『MP』は退陣?

    • ミズノゴルフ 2017 Webカタログ

    • 「カスタムフィッティングを強化します」ミズノが語る新事業と、カスタム専用クラブ『Mizuno Pro』の魅力とは

    • ミズノ、伊藤有志プロと契約