1. ゴルフ場ショップで好調の『スワンプツアーズ』

ゴルフ場ショップで好調の『スワンプツアーズ』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 164 Views

今回は「レトロポップ」をテーマに掲げ、ペイズリー風の柄を取り入れるなど、どこか懐かしい雰囲気が特徴的。全面昇華転写プリント手法を加えたことで、グラフィックバリエーションの幅が広がったもよう。同社によると

「これまでは40代をメインターゲットに据えていましたが、今後は年齢ターゲットを絞らず、テイストで勝負していきたいと考えています。ですから、トレンドを追いかけるというよりも、キャラクターブランドとしての独自路線を貫きたいです」――。

型の9割がレディスであるが、メンズの評価は高いとのこと。今回、メンズのボトムスは全てニッカポッカで統一するなど、チャレンジの姿勢も見せている。メンズラインの充実も今後のキーとなりそうだ。

今年の春夏から展開を開始した兄弟ブランド『5397 by スワンプツアーズ』は、ゴルフ場ショップを中心に好調な滑り出しを見せているという。「普段でも着回せるゴルフウエア」をコンセプトに、陽気でカジュアルなテイストを多彩な加工で表現していく。

また、価格帯もシャツが6800円~8800円と比較的リーズナブルになっている。これにより、若手ゴルファーの取り込みを狙っていく構えだ。

『5397』では、ゴルフ場のオリジナルロゴを入れるなど、別注対応をしていることから、ユニフォームとしての需要も高まっているという。別注対応については今後も積極的に取り組んでいきたいとのこと。

販売チャネルは専門店、ゴルフ場で現在は55店舗。特にゴルフ場での販売が好調だという。今後は展開店舗数100を目標に、アイテム等を増やしながら同ブランドの拡大を目指す。

問い合わせは明石被服興業へ、086~477~7704。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 手に馴染む感覚 日本の気候に合わせたグリップ 「パーフェクトプロ」主力5モデルを徹底検証

  • 多くのゴルファーが訪れる工房「ゴルフギャレーヂ」 計ることに対する神髄とは

  • 米国ゴルフ用品市場 2018年第一四半期状況

  • PXG二世代目のアイアン『GEN2』は初代と何が違うのか?

  • フットジョイ「TOUR-S」レビュー。圧倒的な安定感でツアープロも続々とスイッチ!

  • ブリヂストンスポーツの新社長ってどんなヒト? 本誌だけに見せた山田良二氏の人柄動画