1. ニュース
  2. メーカー

やさしく振りきれて飛ぶ!キャロウェイ、『filly』登場

メーカー この記事を書いた人:
 

『filly』シリーズは、「もっと飛ばしたい」「気持ちいいショットが打ちたい」など、女性ゴルファーからの要望をもとに開発されたモデル。キャロウェイ史上、最軽量・最軽スイングウエイトで振りやすく設計されているため、女性ゴルファーが飛距離を楽に伸ばすことができるという。

まずは、ドライバーから紹介しよう。同ドライバーは、キャロウェイ独自の「スピードフレームフェーステクノロジー」に極薄の「チタンモノコックボデイー」を採用。ヘッドの大幅な軽量化を図りながら、ヘッド内部のトゥ側の肉厚を極限まで薄くし、ヒール側を厚めにすることで、つかまりの良いドローバイアス設計を実現。これにより、インパクトでボールをしっかりとつかまえて、ボール初速を速め、やさしく振りきれて飛距離がでるという。

ヘッドサイズは440緕、で、ヘッドがターンしやすい適度な大きさに設計。シルバークラウンカラーを採用したことで、色の特性(膨張色)により、アドレス時の安心感をもたらしてくれるという。

シャフトは、振りやすさにこだわった三菱レイヨン社製の軽量シャフトで、AシャフトとLシャフトの2種類をラインアップ。前者がしっかりと振って飛距離を出したい女性ゴルファー、後者が楽にプレーしたい女性ゴルファーにお薦めだという。価格は、4万8300円となる。

FWは、W#4(19度)、W#5(22度)、W#7(25度)の3タイプを用意。ロフトをねかせた高弾道設計で、ボールがつかまり高く上がるため、キャリーでボールを遠くに運ぶことができるという。また、ディープフェースにしたことで、ティーショットやラフからでも、しっかりとボールをヒットすることができるとのこと。価格は2万7300円となる。

UTはアイアン感覚で構えられるオフセット形状の25度、27度の2タイプを用意。低重心設計により、楽にボールを上げることができ、女性ゴルファーが求める理想的な弾道を実現したという。価格は2万3100円となる。

アイアンはやさしさを追求したワイドソール設計により、ミスヒットにやさしい安定感のあるヘッドに仕上げたとのこと。また、最新の「ディープアンダーカットキャビティー」により、低・深重心設計で楽にボールを上げることができるという。価格は、5本セット(#7~9、PW、SW)が7万8750円。単品(#6、AW)は、1万5750円となる。

チッパーはクラブ長さを33インチにして、スイングウエイト(バランス)をC4に設計。ヘッドの重みをうまく利用して、安定したストロークが可能になるという。価格は1万3650円となる。

問い合わせはキャロウェイゴルフへ、0120~300~147。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

関連記事

  • 34年間かかるものを4週間で完成 AIが生んだエピックフラッシュ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • キャロウェイの2019年新製品は1月8日発表

  • キャロウェイゴルフ、2018年上期の好業績を発表

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?