1. タイトリストアイアンが714にリニューアル

タイトリストアイアンが714にリニューアル

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 92 Views

『AP1』はデュアルキャビティにより、番手ごとの最適弾道と飛距離を実現したモデル。慣性モーメントも大きく、ミスヒットに強く直進性も高い。また、ヘッド形状もスタイリッシュなプロポーションへと進化。レベルアップを目指すゴルファーのニーズに応えるべく、先進のテクノロジーで仕上がったハイパフォーマンスアイアンという位置づけだ。

『AP2』は軟鉄鍛造製のデュアルキャビティアイアン。こちらも番手別設計で、トゥ&ヒール構造、進化したソールデザインが、ゴルファーのシビアな要求に対応。操作性の高さとイメージ通りのショットを実現できるアイアンというポジションだ。

『CB』は、多くのトッププロがツアーで性能を実証した前モデルをベースに進化。特にバージョンアップしたのは、リーディングエッジで、地面とのコンタクト時に地面に刺さらないよう、前モデルよりエッジが緩やかな弧を描いている点だろう。軟鉄の打感、操作性、振り抜きの良さを兼ね備えた軟鉄鍛造マッスルキャビティとなる。

そして昔からのタイトリストファンが、これぞタイトリストというアイアンが『MB』だろう。番手ごとのソールデザインの完成度を高め、厳しいコンディションの下でも切れ味鋭い振り抜きを実現。世界を戦うトッププロが信頼する伝統のブレードアイアンだ。

同社はここ数年、クラブビジネス全体が好調に推移している。憧れのタイトリストが、性能も含めより身近になったことが最大の要因だが、その路線は714シリーズにも踏襲されている。そのような意味合いでは、タイトリストユーザー拡大に714シリーズがどれだけ寄与するのか? 市場での評価は注目に値する。

商品の問い合わせはアクシネットジャパンインクへ、03~5617~1528(9月13日の問い合わせまで、9月17日以降は0120~935~325)。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

    • タイトリストがボール工場見学ツアー

    • アクシネット社上期売上は前年割れ

    • 『NEW タイトリスト プロV1・V1x』が2月デビュー

    • 依然業績好調のアクシネット社

    • 順調な業績のアクシネット