1. ニュース
  2. メーカー

タイトリストアイアンが714にリニューアル

メーカー この記事を書いた人:
 

『AP1』はデュアルキャビティにより、番手ごとの最適弾道と飛距離を実現したモデル。慣性モーメントも大きく、ミスヒットに強く直進性も高い。また、ヘッド形状もスタイリッシュなプロポーションへと進化。レベルアップを目指すゴルファーのニーズに応えるべく、先進のテクノロジーで仕上がったハイパフォーマンスアイアンという位置づけだ。

『AP2』は軟鉄鍛造製のデュアルキャビティアイアン。こちらも番手別設計で、トゥ&ヒール構造、進化したソールデザインが、ゴルファーのシビアな要求に対応。操作性の高さとイメージ通りのショットを実現できるアイアンというポジションだ。

『CB』は、多くのトッププロがツアーで性能を実証した前モデルをベースに進化。特にバージョンアップしたのは、リーディングエッジで、地面とのコンタクト時に地面に刺さらないよう、前モデルよりエッジが緩やかな弧を描いている点だろう。軟鉄の打感、操作性、振り抜きの良さを兼ね備えた軟鉄鍛造マッスルキャビティとなる。

そして昔からのタイトリストファンが、これぞタイトリストというアイアンが『MB』だろう。番手ごとのソールデザインの完成度を高め、厳しいコンディションの下でも切れ味鋭い振り抜きを実現。世界を戦うトッププロが信頼する伝統のブレードアイアンだ。

同社はここ数年、クラブビジネス全体が好調に推移している。憧れのタイトリストが、性能も含めより身近になったことが最大の要因だが、その路線は714シリーズにも踏襲されている。そのような意味合いでは、タイトリストユーザー拡大に714シリーズがどれだけ寄与するのか? 市場での評価は注目に値する。

商品の問い合わせはアクシネットジャパンインクへ、03~5617~1528(9月13日の問い合わせまで、9月17日以降は0120~935~325)。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

関連記事

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • 上級者モデル秋の陣はタイトリスト 917が台風の目

  • アクシネット ジャパン インク タイトリスト VOKEY DESIGN SM6

  • 大幅なイメチェンで新生『VG3』を訴求

  • なぜ強い!?『タイトリスト・ボーケイ』ウエッジを有力専門店が分析