1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. ルールを超えた究極の飛び『STARK HI COR』ドライバー

ルールを超えた究極の飛び『STARK HI COR』ドライバー

メーカー
  266 Views

同ドライバーのターゲットは、ずばりヘッドスピード40m/s未満の競技には参加しないすべてのゴルファー。すなわち、クラブの規制にとらわれることのないエンジョイゴルファーに向けた、究極の高反発性能(COR:0・875)を実現したモデルだという。同社の小林健治社長によれば、
 
「規制を超えたとき、飛距離はどこまで実現できるのか。ルールやクラブの常識の一切すべてを無視し、とにかく飛ぶドライバーを作りたい。そのような思いを込めて『STARK』すなわち『正真正銘の』飛距離を体験できる特徴的なクラブを開発しました。
 
といっても、同モデルは単に高反発フェースを採用するだけではなく、ヘッドの各部の形状、構造、素材、製法、デザインといった細部のすべてが、飛距離アップを目的として設計された”高反発専用ドライバー”です。このドライバーで飛ばし、飛距離の無限の可能性を味わってもらいたい」――。
 
それでは以下より、同モデルの製品特徴を紹介する。
 
まず気になるのはフェースだろう。同ドライバーのフェース素材には、15‐3‐3‐3βチタンを採用。高強度でたわみの大きい同素材をカップ形状に丸棒鍛造することにより、ルールをはるかに超えたCOR:0・875を実現。
 
また、クラウン部は強度を保ちつつたわむよう、大きな丸みを持たせた形状に設計。ハニカム(蜂の巣)上のケミカルミリング加工をクラウン全体に施し、強度を損なうことなく、極限まで薄肉化を図ったという。
 
さらに、ソール部に施されたM字型の溝によって、フェース、クラウン同様ソール部分もたわませ、さらに反発力を増幅させる仕組み。しかも、トウ、ヒール部分の溝の深さをより深くすることで、たわみ全体をコントロール。インパクト時のヘッドのブレを抑え、フェースの高反発エリアをより拡大させるこだわりをみせている。
 
そして特筆すべきは、アドレス時に自信と安心感を与えるヘッドデザインだろう。丸みを帯びたクラウン形状にも関わらず、シャロー気味な印象さえ与えるヘッドデザイン。これは、アドレス時にヘッドの厚みを感じさせないよう、ヘッド各所の輪郭に細かい心配りを施しているから成せる業。加えて、クラウン部には、スムーズなテークバックの始動をサポートするガイドラインモチーフ付き。まさに、ゴルファーのアドレス時の心理を考えつくしたデザインといえるだろう。
 
これらヘッド性能を支えるシャフトは、藤倉ゴム工業と共同開発した専用オリジナルモデルを装着。ロフトバリエーションは、9・5度、10・5度の2タイプ。ヘッド体積は460cm3で、クラブ長は46・0インチという仕様になっている。
 
問い合わせはエスヤードへ、03~6228~8188。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 『T.301』の精神を受け継ぐ『T.388』誕生

  • 「ワクワクするクラブ」、エスヤード『XVシリーズ』発表

  • エスヤードは生まれ変わります! 『ボールドウェッジ』発表

  • S‐YARDが「L‐1 ドラコン日本一決定戦」に協賛

  • 巷で話題の『ボールドウェッジ』に限定モデルが登場

  • 「飛距離と品質」「力強さと躍動感」がテーマのS‐YARD誕生