1. ニュース
  2. メーカー

NEW『グローレ』はシルメタ

メーカー 編集部

『グローレ』は『ゼクシオ』対抗モデルとして2012年に投入された経緯がある。新製品は2年振りのフルモデルチェンジとなり発売は12月5日から。

NEW『グローレ ドライバー』(8万9250円~)の最大特徴は専用設計シャフトに集約されるだろう。「高弾道でつかまるグローレ専用設計」という触れ込みで、長さは46・5インチ。長尺仕様ながら、軽量かつしなりを調整し、振りやすさとつかまりの良さを実現したとか。ヘッドスピードを高め高弾道を可能にする新設計で、チップ側には70t高弾性シートを採用。これによりインパクト時のパワーロスを軽減する仕組み。

フェース部には、『グローレ リザーブ』で一定の評価を得たカーボン素材を採用。具体的には、70層のグラファイト・コンポジットプリプレグによりフェースを薄肉化。高い反発性能とヘッドの軽量化を可能にし、チタンフェース比で30%のエリア拡大と55%のスイートエリア拡大を実現したという。

クラウン部のカラーリングは、従来のホワイトから一転、シルバーメタリック(ウイメンズはシャンパンゴールド)を採用、曲線を基調としたアシンメトリーデザインが施された。ネック部は脱着式で、ロフト角調整機能も搭載する。

なお、動画ニュースでは『グローレ サミット』のもようを収録。動画インタビューでは、菱沼信夫会長へ新グローレの投入背景と意気込みを聞いた。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • グラビティー、事務所移転のお知らせ

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 記者発表を敢行したテーラーメイド 日本人は『SIM』よりも『SIMグローレ』が合う理由

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『M5』と『M6』は何が違うのか?前作からの進化は?永井プロが詳しく解説

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?