• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • NEW『グローレ』はシルメタ

    編集部
    SNSでシェアする
    『グローレ』は『ゼクシオ』対抗モデルとして2012年に投入された経緯がある。新製品は2年振りのフルモデルチェンジとなり発売は12月5日から。 NEW『グローレ ドライバー』(8万9250円~)の最大特徴は専用設計シャフトに集約されるだろう。「高弾道でつかまるグローレ専用設計」という触れ込みで、長さは46・5インチ。長尺仕様ながら、軽量かつしなりを調整し、振りやすさとつかまりの良さを実現したとか。ヘッドスピードを高め高弾道を可能にする新設計で、チップ側には70t高弾性シートを採用。これによりインパクト時のパワーロスを軽減する仕組み。 フェース部には、『グローレ リザーブ』で一定の評価を得たカーボン素材を採用。具体的には、70層のグラファイト・コンポジットプリプレグによりフェースを薄肉化。高い反発性能とヘッドの軽量化を可能にし、チタンフェース比で30%のエリア拡大と55%のスイートエリア拡大を実現したという。 クラウン部のカラーリングは、従来のホワイトから一転、シルバーメタリック(ウイメンズはシャンパンゴールド)を採用、曲線を基調としたアシンメトリーデザインが施された。ネック部は脱着式で、ロフト角調整機能も搭載する。 なお、動画ニュースでは『グローレ サミット』のもようを収録。動画インタビューでは、菱沼信夫会長へ新グローレの投入背景と意気込みを聞いた。
    タグ
    テーラーメイド
    グローレ