1. ニュース
  2. メーカー

スーパーマン2代目FWとパターが登場

メーカー この記事を書いた人:
 

FWは前作よりもフェース厚を2.0mm→1.8mmと薄肉化し、約3%ボール初速を高めている。それに加え、浅・低重心化を施すことでスピン量を低減。さらに、内部重心をトウ、ヒール、センターに配分することでスイートエリアを拡大した。ソール形状は三面バウンスとウイングソールで、ライの状態に関わらず、抜けの良さを実現した。3番ウッドがロフト15度、5番ウッドがロフト18度で、シャフトフレックスはS、SR、R-1、R-2、Lを用意している。

一方スーパーマンシリーズ初となるパターは、マレットタイプ『SM01』とブレードタイプ『SP01』を用意。マレット型は、ボディにアルミニウム(242g)、インサートにステンレス(37g)、バックウエイトバーにステンレス(76g)で構成され、ミスに強い重量周辺配分を施した。結果、最大限の慣性モーメントを実現しているという。

一方のブレード型は、アルミニウムをボディセンター(70g)に、トウ・ヒール部に比重の高いステンレス(140g)を配置。フェースバランスを採用して、広いスイートエリアを可能にしている。

問い合わせは北側物産・プロテック事業部へ、06~6701~5800。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 0.885以上の『スーパーマン・ハイパーHR』

  • 『スーパーマン』の新アイアン登場!

  • スーパーマン3代目も高反発の『EG00Ⅲ』