• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ナイキ・メソッドに新たな7モデル

    編集部
    SNSでシェアする
    『モダン クラシック パター』は、マレットタイプ『MOD00』、ピンタイプ『MOD30』、L字型『MOD60』、キャッシュインタイプ『MOD90』の4機種。モデル名の数字は、フェースバランスを0度とした場合のフェースの角度からネーミングしているという。 そのコンセプトは、ゴルファーには馴染みのあるクラシックな形状に同社独自のテクノロジーを注入したこと。その構造は、先述のポリメタルグルーブだけにとどまらず、トウを高くデザインした「アークトップライン」がトウアップを防ぎ、スクエアなアドレスを促すデザイン、さらにヘッドとトウにウエイトを配置することによる高慣性モーメントを実現したことだろう。 この『モダン クラシック パター』は、削り出しパター特有の心地よいインパクト音を実現したパター。最適な距離感を実現しているという。価格は3万4650円と高価だが、伝統の形状と最新テクノロジーの融合パターとしてスコアダウンに活躍しそうだ。 一方、『メソッド コア ウェイテッド パター』は鋳造製法のリーズナブルなモデル。ポリメタルグルーブテクノロジーを訴求する戦略モデル。その上で、シャフトレングスに応じて異なる重量のウエイトスクリューを採用して、スイングウエイトを安定させたパターという位置づけだ。 従来の6モデルに、今回はブレードタイプ、マレットタイプ、ネオマレットセンターシャフトの3機種を追加。女性モデルを合わせると11機種のラインアップとなる。 『モダン クラシック』と比較して価格がリーズナブル。1本1万4700円で、最新テクノロジーを体感できる。 問い合わせはナイキジャパンへ、0120~500~719。
    タグ
    ナイキ