1. 『RMX』をシリーズ化。今度はリヘッド革命!

『RMX』をシリーズ化。今度はリヘッド革命!

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 120 Views

同社の中田卓也代表取締役社長の冒頭10分間に渡るスピーチでは、リコール問題について触れ、深く謝罪の意を述べたのが印象的だった。その上で、同社のモノ作りに対するこだわりを述べ、体制を立て直して新たにチャレンジしていく姿勢を強調した。

製品発表会では同社契約の藤田プロ、谷口プロのトークショーも行われ、プロの口から直接製品の良さをアピールする場面も見られた。

inpres『RMX』シリーズは、2013年に発売したドライバーの”ヘッドとシャフトを解体し、別売りにする”というコンセプトをさらに進化させるという。具体的には、ドライバー、FW、UT、アイアンを『RMX』シリーズとして展開していく。

ドライバーには3モデルのヘッドを用意し、”リヘッド”という新たな概念を発信。そのほか、4モデルのシャフト、13種類のウエイトの全てをユーザーに選択させることで、ゴルファーのポテンシャルの最大化を目指す。

アイアンは4シリーズをラインアップ。『RMX MARAGING』と『同 FORGED』は基本セットを#7~PWの4本とし、ロングアイアンは別のシリーズやUTを組み合わせるなど、ゴルファーの個々のニーズに合わせてセッティングできる仕様となっている。また、昨年好評を博したプロモデルの『新・藤田マッスル』や『新・谷口キャビティ』はさらに進化。フィーリングや顔へのこだわりはもちろん、やさしさも両立させたモデルに仕上がっている。

発売日は『RMXドライバー』(ヘッド4万5150円、シャフト3万2550円~)が12月14日、『同フェアウェイウッド』(ヘッド1万6800円、シャフト1万8900円~)と『同ユーティリティ』(ヘッド1万5750円、シャフト1万2600円~)が2014年3月8日、『同MARAGING』、『同FORGED』(各4本セット7万5600円~、1本1万8900円~)、『同TOURMODEL MB(新・藤田マッスル)』(6本セット12万6000円)、『同TOURMODEL CB(新・谷口キャビティ)』(6本セット11万3400円)などのアイアン類が11月23日。

なお、動画ニュースでは21日に開催された記者発表のもようを収録した。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 勝つために進化した『RMX』。新しい時代に突入へ

    • “探求主義”も”合理主義”も、ヤマハで自分の最大飛距離を手に入れろ!!

    • 藤田プロも驚く新契約選手5名の顔ぶれ プロ戦略加速で一気呵成のヤマハ

    • ヤマハ、田嶋良平氏がゴルフHS事業推進部長を退任

    • ヤマハ飛びに自信の『インプレス』は、あのクラブより飛ぶんです!