1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 「やさしく、飛ばす」ONOFF2014モデル

「やさしく、飛ばす」ONOFF2014モデル

今回、フルモデルチェンジとなる赤シリーズは、「やさしく、飛ばす」をコンセプトに、黒シリーズのドライバーは、「フィールにこだわり、攻める」をコンセプトに開発。なかでも、注目は赤シリーズのドライバーだろう。
 
従来から定評のあるつかまりの良さと、飛距離性能がさらにパワーアップした赤ドライバー。まずは、構えたときの視覚的要素から説明すると、今回、ボールの打点を意識しやすいように、クラウン部には「ビックオーマーク」(画像参照)をデザイン。これにより、構えやすく、芯をとらえるナイスショットの確率が向上。また、フェース面長さ、ヘッド幅ともに前作と比べ、約3mm大きくなっており、構えたときの安心感もアップしているという。
 
次に構造面をみると、クラウンの重量を極限まで減らすシェルクラウン構造をはじめとする最適肉厚設計とウェイトビスで、最適な重心を実現。これは、つかまって、ハイドローがでやすい重心アングルと操作性をアップさせるための重心距離を実現するためのこだわりで、オートマチックに振って、やさしく、ハイドローで飛ばせるモデルといえるだろう。
 
加えて、ルールぎりぎりの反発エリアを拡大したフェース構造。ナイスショットを感じさせる心地よい爽快な弾き感のある打球音。「DAIWA」のカーボン技術を惜しみなく踏襲した、赤ドライバーのために専用設計した「MP-514D」シャフト。これらすべてが結集し、先述した「やさしく、飛ばす」というコンセプトを実現可能にしている。
 
ちなみに、価格は赤ドライバー(9度、10度、11度)、黒ドライバー(9度、10度)が、それぞれ7万9800円。赤ドライバーと同様の機能を搭載したFW(3W/15度、5W/18度、7W/21度、9W/24度)は各4万2000円、同UT(18度、21度、24度、27度)は各3万3600円。同アイアンは、NSPRO装着モデル5本セット(#6~PW)が8万9250円、オリジナルカーボン装着モデル5本セットが11万250円となっている。単品#4、#5、AW、SWも用意しているという。
 
世界中の釣り人から信頼される「DAIWA」のカーボン技術――。そのカーボンテクノロジーを受け継いだこだわりのカーボンシャフトと、ゴルファーのニーズに合わせてより遠くへ飛ばすための機能を進化させたヘッド。この最適な組み合わせで、前作を上回るやさしさと飛距離性能を体感してみてはいかがだろうか? 同社によれば、全国各地で年間約2000回の試打会を開催する予定だとか。
 
問い合わせはグローブライドへ、042~479~7730。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • オノフ、イベントでサプライズ

  • ONOFF 2015 KURO COLLECTIONS – オノフWebカタログ

  • ONOFF golf matters 2016 – オノフWebカタログ

  • グローブライドが高反発投入

  • ONOFF collections 2014 – オノフWebカタログ

  • 前作比130%を目指し、攻めるKURO