1. ニュース
  2. メーカー

身体のサイズとHSで最大飛距離が分かる!?

メーカー 編集部

これまで、弾道追尾システムなどを活用した飛距離測定器は多く発売されてきたが、同社によるとゴルファーひとりひとりの最大飛距離を推測するシステムは初だという。
 
どのような活用方法があるのか? 同社・左和紀代表が説明する。「これまでは漠然とした目標設定しか提示できなかった飛距離が、具体的な弾道イメージを持つことにより、ゴルファーはクラブ選びが具体化し練習方法などの吟味もより容易になるでしょう」――。
 
対応デバイスはパソコン、タブレット、スマートフォンで、推奨ブラウザはグーグルクローム、サファリなど。専用HPにアクセスし、身体のサイズや体重、手の平の縦の長さを入力すれば、すぐに飛距離を表示する仕組みだ。1回使用料金は300円で、PayPalにてクレジット決済となる。
 
また、ゴルフ専門店を対象とした価格設定もあるので、ゴルファー向けのサービスとして活用したい。
 
問い合わせはビッグドライブ合同会社へ、sales@bigdrivelcc.com


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルフ・ドゥ、代表取締役の異動に関するお知らせ

  • アコーディア・ゴルフ、社長CEO交代に関するお知らせ

  • アルペン、組織変更及び人事異動のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン