• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • グリップ2本でスイングが変わる? 画期的な練習器具が登場

    編集部
    SNSでシェアする
    『ゼロプレーン』は、グリップを装着したL字型形状の練習器具。開発者である高橋章夫氏は、松山英樹や横峯さくらを指導した明徳義塾中学校・高等学校ゴルフ部の元監督だという。 同製品の取付け方法は簡単で、大小2つのパッキンを選んで、クラブシャフトを専用パッキンではさみ、『ゼロプレーン』の装着部に入れて、長さを調整するだけ。シャフトが装着された2本のグリップを両手で持つだけで、上級者のスイングが体感できるというもの。 同社によれば、 「『ゼロプレーン』は、グリップを2本にすることによって、力みが抜け、手首の動きを抑制することが可能です。また、グリップを『握る』感覚から『持つ』感覚になることで、上体の力が抜けて、肩と腰の捻転を引き出すことができます。さらに、パッティングの場合は、肩と肘が五角形になることで、肩の回転で打つ振り子のようなストロークを可能にします」 ちなみに、適合シャフト径(直径)は12・4㎜~15・3㎜なので、国内でユーザーの多い『NSプロ950GH』、『ダイナミックゴールドS200』にも対応可能とのこと。上級者の無理のないスイングとパッティングが体感できる練習器具を是非一度お試しあれ! 問い合わせはニュートンズへ、088~873~6209。
    タグ
    タバタ
    ライト
    練習器具