1. ニュース
  2. メーカー

大ヒット御礼のアディゼロ、14SSはソーラーブルー

メーカー 編集部

 
「当社のウエア類を含めたソフトグッズビジネスは、クラブビジネスと同等の売上規模を誇ります。13年は、軽量でイエローカラーを全面に押し出した『アディゼロ』が大ヒットし、若年層から高齢者まで幅広いゴルファーに受け入れられました。『アシュワース』については、地道に売上を伸ばしていますが、まだまだ認知が足りません。14年はグローバル規模で商品全体をグレードアップ。かつてないプロモーションを行いますので、楽しみにしていてください」――。

と、グッズビジネスは推定200億円規模にまで拡大をみせる。

14SSのアディダスゴルフは、①アディゼロ、②ストリート、③コア、④アディピュアの4ラインで展開。「アディゼロ」のイメージカラーは、ソーラーブルーで、ホワイトカラーとのコーデによりクリーンなイメージを訴求。一方の「ストリート」は、カジュアルをイメージする。”大人が楽しめる”をコンセプトに、ワッペンをあしらったデザインを特長とする。そして、アディダスゴルフのベーシックラインに位置する「コア」は、機能面に特化したラインとなるが、新機能『クライマチル』導入に踏み切った。

「『クライマチル』はゴルフを含むすべてのアディダスブランドで展開される新機能です。接触冷感テクノロジーで、チタン配合の熱伝導性の高い素材と背中のヒートゾーンにアルミニウムシルバードットを配置。目に見える機能といえ、高い接触冷感性を生み出します。通気性については、メッシュ並みの特殊な編み組織により優れた通気性を確保してほり、吸汗速乾性を一層向上させました」(TMaGアパレル プロダクトクリエイション星正彦プロダクトマネージャー)――。

これ以外にも可動域の屈曲性を高める独自の縫製技術「シームコンストラクション」など多数の機能が盛り込まれた。

直営店専用のアディピュアは、高付加価値を訴求。新たにライムカラーを取り入れた。

今SSで3シーズン目となる『アシュワース』は、日本企画を強化。従来比率25%→75%へアップし、リピート率を上げる方針。ショートパンツの拡充を行うほか、価格帯も見直す。従来の高価格帯ラインに加え、6000円台のシャツなどの廉価帯「ツアー」を新たに展開する。既に契約プロのF・カプルス、J・ローズなどトーメント用は、ビッグロゴを採用中だが、プロパーへの採用を決めた。

なお、動画ニュースでは当日の展示会のもようとMD担当者による企画ポイントを収録した。

登壇者:ソフトグッズプロダクトマーケティング村田和弘ディレクター、TMaGアパレル プロダクトクリエイション星正彦プロダクトマネージャー、アシュワースプロダクト小田川悠一マネージャー


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • アディダスゴルフ、本部事務所移転のお知らせ

  • アディダスゴルフ「ツアー360EQTボア」で見える化

  • デイビッド陳副社長に直撃!テーラーメイドと別れたアディダスゴルフの思惑

  • EDWIN GOLF16AWはアスレジャー

  • EDWIN GOLF16SSは機能素材へ特化

  • アディダスゴルフ、アシュワース2015FW内覧会を開催