1. ニュース
  2. メーカー

イエロー×中尺でストロークが安定!

メーカー 編集部

同シリーズは残像効果の高いイエローをヘッド中央に配色することでストロークの安定化を図ったパターシリーズ。『シルバーブレード・ゼットエヌ・ミッド』では、R&Aルールで規定するアンカリングにならないストロークができるよう、一般的なベリーパターよりも短い36、37インチの中尺設計を採用している点が特長。同社が実施したテストによれば、37インチモデルは34インチモデルと比較してクラブ慣性モーメントが30%アップし、ストロークがより安定したという。

また、フェース面にはアルミフェースを採用。インパクトエリアを凸形状に厚く成型することにより、ソフトな打感を実現している。さらに、ステンレスボディとアルミブレードの比重差を利用した新重心設計により、転がりの良いパターに仕上がっている。

◆製品概要

・素材:フェース:アルミ、ボディ:ステンレス
・製法:フェース:削り出し/アルマイト仕上げ、ボディ:精密鋳造
・グリップ:winn製

問い合わせはプロギア、03~3436~3341へ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • プロギア、人事異動のお知らせ

  • 横浜ゴム、日比野公良理事がプロギア代表取締役社長に就任

  • 非常識のデパートPRGR『egg』 短尺が合うゴルファーを動画で解説

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 日本に2台だけ!PRGR(プロギア)のサイエンスフィットが凄すぎる

  • 「高反発祭り」に迷いなし! この道を突き進むプロギアのスマイル作戦